廃車手続き

他人名義の車を廃車にするにはどうしたらいいの?

更新日:

 

「親から譲り受けた親名義の車を廃車にしたいんだけど他人名義でも廃車手続きは可能なの?」

「他人名義の車を廃車にする場合の手続きはどうしたらいい?」

そのような疑問はありませんか?

知り合いから車を譲り受けた場合に、このようなお悩みを抱える方がいらっしゃることでしょう。

また車の売買をされている方でも、お客様の車を引取ったのはいいけれど、直後に不動車になってしまったため廃車の手続きをとらなければならないというケースも少なくありません。

この場合はどのような手続きが必要なのでしょうか。

いったん、自分の名義にしないければいけないのか、それとも他人の名義のまま廃車にすることは可能なのか…。

今回の記事では、このようなお悩みの解決をしていきます。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




他人名義の車を廃車にする方法はあるのか?!

他人名義の車を廃車にする方法はちゃんとあります。

そのことを説明していきます。

移転抹消手続きを行なえば他人名義の車を廃車にできる!

他人名義の車の廃車で重要なのが移転抹消手続きになります。

普通車の「移転一時抹消」

移転一時抹消とは、車検証に記載されている所有者を別の人に名義に変更して(移転して)一時的に抹消することをいいます。

移転一時抹消手続きは、車検が残っている・残っていないに関わらず行なうことができます。

新しく所有者になる人の居住地にある陸運局で、移転抹消を行なうことができます。
移転一時抹消を行なう際に必要な書類は、以下の通りです。

①車検証
②ナンバープレート前後2枚
③旧所有者の譲渡証明書
④新所有者の印鑑証明書
⑤旧所有者の印鑑証明書
⑥新所有者の実印が捺印された委任状
⑦旧所有者の実印が捺印された委任状
⑧手数料納付書
⑨申請書(OCRシート1号様式・3の2号様式の2枚)
⑩850円の登録印紙
⑪自動車税・自動車取得税申告書

陸運局へ出向く前に準備しなければいけない書類は①~⑦です。

③は旧所有者の実印が捺印された譲渡証明書が必要なため、この書類を手にするまでに時間を要する場合がありますのでご注意ください。

⑥・⑦は1枚の用紙(委任状)に、新旧両方の実印が捺印された委任状を作成する必要があります。

③の書類と同様、旧所有者の実印の捺印が必要ですので、手にするまでの時間を計算しておいたほうがいいでしょう。

⑧~⑪は、陸運局で手に入りますので、⑧・⑨・⑪の書類に関しては陸運局で記入しましょう。

陸運局には書類の記入例がありますので、間違わないように記入する必要があります。

これらすべての書類を陸運局に提出することで移転一時抹消の手続きが進みます。

完了後は陸運局から「登録識別情報等通知書」という書類が交付されますので、これで移転一時抹消の手続きは完了し、車の廃車(一時抹消登録)が完了します。

ここでいう廃車は一時抹消登録になりますので、中古車新規登録を行なえば、再び車を使用することが可能です。

普通車の「移転永久抹消」

移転永久抹消とは、車検証に記載されている所有者を別の人に名義に変更して(移転して)永久的に抹消する(車を解体してスクラップする)ことをいいます。

移転永久抹消の場合は、1ヶ月以上の車検が残っている場合は重量税の還付を受けることができます。

還付金は、24ヶ月の重量税額÷24をすると1ヶ月あたりの重量税額が算出されますので、あとは残りの月数をかけ算すれば還付金の計算ができます。

還付金を受けられるのは、名義変更をしたあとの新所有者となります。

移転永久抹消を行なう際に必要な書類は、以下の通りです。

①移転登録申請書(OCRシート1号様式)
②永久抹消登録申請書(OCRシート3の3号様式)
③車検証
④ナンバープレート前後2枚
⑤旧所有者の譲渡証明書
⑥新所有者の印鑑証明書
⑦旧所有者の印鑑証明書
⑧新所有者の実印が捺印された委任状
⑨旧所有者の実印が捺印された委任状
⑩重量税還付金受領権限委任状(※代理受領する場合)
⑪使用済自動車引取証明書
⑫手数料納付書
⑬500円の登録印紙
⑭自動車税・自動車取得税申告書

ここで注意しなければいけないのは、陸運局へ出向く前に車を解体業者に解体してもらう必要があります。

解体業者が車を解体すると、解体業者から⑪の書類が解体の依頼主のところへ郵送されますので、その書類を陸運局へもっていく必要があります。

これらすべての書類を陸運局に提出することで移転永久抹消の手続きが進みます。

最終的には陸運局から一時抹消のときの「登録識別情報等通知書」のような正式な書類は発行されずに
「永久抹消登録/解体届出手続き完了のお知らせ」という用紙が1枚交付されるだけで手続きが完了になります。

参照:廃車(永久抹消)する際の車庫証明の手続きはどうしたらいいの?

軽自動車の「自動車検査証返納」

普通車にあたる「移転抹消」は、軽自動車では「自動車検査証返納」といいます。

手続きの流れは普通車と同じですので、ここでは必要書類のみ記載します。

①自動車検査証記入申請書(軽第1号様式or軽専用第1号様式)
②自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書(軽第4号様式)
③手数料
④車検証
⑤新使用者の住民票または印鑑証明書
⑥申請依頼書(申請書に押印ができないとき)
⑦税止め申請書(必要な場合のみ)
⑧ナンバープレート前後2枚
⑨軽自動車税申告書・自動車取得税申告書

これらすべての書類を陸運局に提出することで自動車検査証返納の手続きが進みます。

所有者のディーラーまたはローン会社になっている場合はどうすればいい?

車をキャッシュで購入するのは簡単なことではありません。

ローンで車を購入すると、車検証の所有者の欄はディーラーまたはローン会社になっており、使用者の欄に旧所有者の名前が書かれています。

このような車を廃車にするとなると、所有権の欄に記載されている会社の名義を解除する「所有権解除」の手続きを行なう必要があります。

ディーラーまたはローン会社の所有権を解除するためには、ローンの残債を返済する必要があります。

ローンの残債を返済すれば所有権の解除が行なわれますので、その後はスムーズに廃車の手続きを行なうことができます。

他人名義の車を廃車にするために必要な重要書類

先ほどお伝えした書類をみると、他人名義の車を廃車にするためには、旧所有者の書類が必要であることがおわかりいただけたと思います。
つまり他人名義の車を他者が廃車にすることは可能ですが、その際に必要な重要書類は「旧所有者の実印」「印鑑証明書」「実印が捺印された委任状」がなければ勝手に廃車することができません。

もし自分名義の車が、自分の許可なく廃車にされると困りますよね。

だからこそ他人名義の車を廃車にすることは簡単なことではないのです。

さいごに

今回は他人名義の車を廃車にできるかをみてきました。

他人名義の車を廃車にするためには、旧所有者の承諾が得られていることを証明するために「旧所有者の実印」「印鑑証明書」「実印が捺印された委任状」がなければ廃車の手続きを行なうことはできません。

また他人名義の車を廃車にするためには、所有者を一度自分の名義にする必要があるのでは?とお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、移転抹消の手続きは、所有者を別の人に名義に変更して(移転して)一時的に抹消することなので、わざわざ所有者を自分の名義にする必要はありません。

仮に普通車を名義変更するとなると、車庫証明の申請をしなければなりません。

つまりその車を止める駐車場を確保して、その駐車場の車庫証明を警察署に申請しなければ名義変更の手続きを行なうことはできません。

移転抹消の手続きであれば、車庫証明の申請をすることなく、廃車手続きを進めることができるためスムーズに廃車を行なうことができます。

他人名義の車を廃車にする際には、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

参照:故人が所有者の車の廃車手続きはどうしたらいいの?

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車手続き
-,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.