廃車と保険

廃車にするけど任意保険は継続したい場合はどうしたらいい?

更新日:

 

「愛車を廃車にするんだけど任意保険ってどうしたらいいの?」

「任意保険の等級を引き継ぎたいんだけど手続きはどうしたらいい?」

なんてあなたは思ってませんか?

車を廃車にするときに忘れがちなのが保険の手続きです。

車を廃車にしたからといって、保険の解約や継続の手続きが自動的に進むわけではなく、保険の手続きに関しては、自分で手続きを行なう必要があります。

「確かに今の車は廃車にするけれど、次にまた新しい車を買うんだよな…。そのときにやらないといけない保険の手続きはどうするんだろ?いったん解約してから再契約するの?それとも前の車の保険をそのまま継続できるの?」

保険に関してはさまざまな疑問が出てくると思います。

今回の記事では、自動車保険に関する基本的なお話と、任意保険の継続の仕方についてご紹介します。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




自動車保険は2種類ある!

まずは自動車保険についてお話します。

強制加入の「自賠責保険」

車を所有する場合は、自動車損害賠償保障法という法律で、自賠責保険には必ず加入しなければいけないと定められています。

自賠責保険の有効期間は、車検の有効期間と重なっていなければいけませんし、通常自賠責保険は車検の有効期間以上の有効期間を有しているケースがほとんどです。

例えば車検が平成28年5月から平成30年5月までの2年間有効である場合、自賠責保険は平成28年5月から平成30年6月までの25ヶ月間有効の自賠責保険に加入するのです。
その理由は、車検の有効期限と同時に自賠責保険の有効期限が切れてしまうと、公道を一切走行できなくなってしまうからです。

車検が切れていても自賠責保険の有効期限が過ぎていない場合は、役所で仮ナンバーをかりて公道を走らせることができますからね。

車を廃車にする際に自賠責保険の有効期限が残っている場合は、残りの期間の保険料が戻ってきます。

そのためには車を廃車したという証明書として、陸運局が発行する「登録事項等証明書」を保険会社に提出する必要があります。

自賠責保険は「車」そのものにかけている保険であるため、車を廃車にする場合は保険を自分で解約する必要がありませんし、新たに車を購入するとなれば、新たに自賠責保険に加入する必要があります。

つまり自賠責保険に関しては「継続」の手続きは存在しません。

自分で加入する「任意保険」

最近では自賠責保険だけではなく、自分の意思で加入する任意保険に加入する方が増えています。

なぜかというと、万が一事故を起こした場合、自賠責保険で保証される内容は次のようになっています。

① 傷害による損害

限度額は被害者1人につき120万円

②後遺障害による損害

神経系統の機能や精神・胸腹部臓器への著しい障害で介護を要する障害
常時介護を要する場合(第1級)の限度額は被害者1人につき4000万円
随時介護を要する場合(第2級)の限度額は被害者1人につき3000万円
上記以外の場合(第1~14級)の限度額は被害者1人につき75~3000万円

③死亡による損害

限度額は被害者1人につき3000万円

これらの補償内容には支払基準があり、補償された金額では不十分な場合があります。

自賠責保険では補償しきれない部分をカバーしてくれるのが任意保険なのです。

最近の事故の事例を2つみてみましょう

1つめは、人身事故で死亡事故のような重大事故を引き起こした場合は、1人の被害者に対して億単位の賠償金を求められるケースが増えています。

2つめは、電車と衝突する事故を起こした場合は、車両とともに休業した期間の損害補償を支払うことになり、こちらも億単位の賠償金を求められるケースが一般的です。

事故の内容によっては、自賠責保険では補償されないことがおわかりいただけますよね。

任意保険といえども、任意保険の加入は必要不可欠であるといえます。

参照:廃車にするけど任意保険の還付はある?返金してもらうにはどうしたらいい?

車を廃車するけど任意保険を継続したい!その手続きとは?

任意保険を継続するにはどうしたらいいのでしょうか。

任意保険継続の手続きについて解説します。

任意保険にある「等級」とは?

任意保険は自賠責保険の補償内容をカバーするために必要不可欠な保険であるとお伝えしました。

任意保険には自賠責保険にはない「等級」があるのをご存じですか?

任意保険に加入している年数が長くなると、基本的に等級が上がっていくため、等級が上がるたびに任意保険料は安くなります。

しかし等級があがっていくなかで、事故を起こしてしまって任意保険から保険料の支払いを受けた場合は、任意保険の等級は下がってしまい、任意保険料は高くなってしまいます。

そもそも等級は車の契約台数によって2つの種類があり、保険の契約台数が10台以上であれば「フリート契約」といい、10台未満であると「ノンフリート契約」とよびます。

個人の場合はほとんどがノンフリート契約になります。

車を廃車にする場合でも「等級」の引継ぎ手続きをしよう!

先ほどお伝えしましたように、任意保険の契約年数が長く、事故を起こしてしまったとしても任意保険から保険料の支払いを受けない場合は、等級は1年ごとに上がっていきます。
等級が上がるということは、毎年の保険料が安くなります。

ただ車を廃車にするとなった場合は、任意保険の解約をしなければ、毎年保険料を支払わなければなりません。

だからといって任意保険を解約してしまうと、せっかく上位になった等級が消滅してしまうのです。

そこで利用するべきシステムが「保険の中断システム」です。

これは任意保険会社に申し出ることにより「中断証明書」を発行してもらうことができます。

この証明書を受けることにより、今後任意保険を再契約する際に、もとの等級から任意保険を再開することができるのです。

中断証明書は最長10年間有効ですので、一時的に車を使用しない場合はこのシステムを利用することをおすすめします。

中断証明書を発行してもらうためには、任意保険会社に以下の3点を提出する必要があります。

①中断証明書発行依頼書
②中断前の保険証券の写し
③自動車保険を契約していた車両を廃車・譲渡・返還したことを証明する書類

基本的にこれらの書類を提出し、手続きが進むと中断証明書は発行してもらえます。

もし次の車がすぐに納車される場合に関しては、任意保険会社に車両入替の旨を伝えることで、保険の切替手続きを行なってくれます。

さいごに

今回は自動車保険に関する基本的なお話しと、任意保険の継続の仕方についてご紹介しました。

車を所有する限り、自賠責保険は必ず加入しなければなりませんが、最近では自賠責保険の補償内容をカバーしてくれる任意保険への加入が必要不可欠になってきています。

任意保険には「等級」があり、契約年数が長くて保険を使用するような事故を起こしていない限りは等級は毎年上がっていきます。

一般には任意保険を新規で加入すると6等級から始まり、最大等級は20等級になります。

順調に等級が上がったとしても車を廃車にするからといって任意保険を解約し、次の車を購入した際に最初の6等級からになると損した気持ちになりますし、これまでに等級が高かったおかげで任意保険料が安くすんでいたのに、また任意保険料が高くなると納得いきませんよね。

車を廃車にする場合は「中断証明書」を任意保険会社に依頼することで、最長10年間は中断前の等級を維持することができますので、このシステムは利用してください。

今回の記事の内容を参考に、これまでの等級を維持して、次の車の任意保険も高い等級からスタートしましょう。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車と保険
-, ,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.