廃車手続き

自動車を廃車にするにはまず何からしたらいいの?

更新日:

 

「愛車を廃車にしようと思うんだけど、手続きは何から始めたらいいのかな?」

「廃車の手続きってめんどくさそう…」

なんてあなたは思っていませんか?

車の廃車手続きをしたことがある人は少ないかもしれません。

新車で購入すると10年以上は乗るわけですから乗り潰すのは人生で数回でしょう。

「廃車の手続きってどこで何をしたらいいんだろう…」

とあなたは思っているかもしれません。

そのような悩みを抱えている人に今回は自動車を廃車にするには、どのような手順をとっていけばいいのかをご紹介します。

車の廃車の手続きは、最終的には陸運局で手続きを行なうのですが、実はそれまでにやらないといけないことがいくつかあります。

手順を知らないまま手続きを進めてしまうと、無駄な時間や労力を生むことになってしまいますので、今回の記事を参考に車の廃車手続きを進めてみましょう。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




自分で行なう廃車手続き!その手順とは?

自分で廃車手続きを行う手順について順番に解説します。

まずは解体業者に車の解体を依頼する!

まずは解体業者に車の解体を依頼するところから始めます。

なぜ解体業者に車を解体するところから始めるの?

車の手続きとなると「陸運局へ必要書類を持参して手続きを進める」というイメージをおもちだと思いますが、車の廃車手続きの場合は、いきなり陸運局へ出向いても廃車の手続きを行なうことができません。

車を廃車にする場合は陸運局で「永久抹消登録」という手続きを行なうのですが、その前に所有している車を解体業者に解体してもらう必要があります。
車を解体してもらうことで、解体業者は「使用済自動車引取証明書」を発行してくれますので、その証明書を陸運局へ持参する必要があります。

解体業者に車の解体を依頼するということはかなり費用がかかりますよね…?

車の解体工場をみたことがない人は「車の解体には大型の機械があって…、一気に車を潰すわけですよね…?大型の機械が必要だから、会社は設備投資にかなりのお金を使っているだろうし、そのもとをとらないといけないから、解体費用はかなりお金がかかるはず!」というイメージをもつ方がおられます。

しかしそのイメージは…、「解体費用はかなりのお金がかかるはず!」というところは間違っています。

お金がかかるどころか、むしろお金を支払ってくれる解体業者がほとんどです。

「なぜ解体を依頼している側がお金をもらえることがあるの?そんなことをして解体業者はどうやって利益を得ているの?!」とお思いでしょう。

解体業者は車を解体することで得られる鉄資源を利用して利益を得ています。

鉄資源の買取相場が約25円/kgだとすると、車には何百kg、何千kgの鉄が使われているだけでなく、他にもさまざまな金属が使われています。

例えば軽自動車の解体を依頼すると約5000円、普通車だと約10000円支払ってくれる解体業者もあります。

私もアメ車を解体業者に引取ってもらったときに、解体業者に15000円を支払ってもらいました。

しかも距離により変動はありますが、搬送料金を無料にしている解体業者もありますので「かなりのお金がかかるはず!」というのは間違いだとわかりますよね。

参照:廃車の解体費用はいくらかかる?払わずに済む方法はある?

車の解体が終われば陸運局へ!

車の解体が終われば、解体業者から依頼主に対して「使用済自動車引取証明書」が送付されます。

解体業者にもよりますが、解体を依頼してから約1週間でこの証明書が手元に届きます。

証明書が手に入ったら陸運局へ出向きましょう。

その前に、陸運局に提出する書類は9点ありますので、最終確認をしてください。

①車検証
②ナンバープレート前後2枚
③所有者の印鑑証明書の実印
④③の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
⑤リサイクル券
⑥使用済自動車引取証明書
⑦申請書(OCRシート3号の3)
⑧手数料納付書
⑨自動車税申告書

⑦~⑨の書類は陸運局で手に入ります。

これらの書類を提出することで、陸運局は車が本当に解体されているかどうかを、パソコンを通じて確認します。

解体業者は車を廃車にしたのちに、車をスクラップしたかをパソコン上に登録します。

陸運局ではその情報がみることができるようです。

すべての手続きが終わると、陸運局からは「この車を永久抹消登録が完了しましたよ」ということを通知する「永久抹消登録/解体届出手続き完了のお知らせ」という紙が渡されます。

この紙は車検証のような用紙ではなく、コピー用紙に印刷された用紙です。

つまり「永久抹消登録が済みましたよ」ということを通知しているだけのものですので、正式な書類を求めるのであれば「登録事項等証明書」を請求する必要があります。

登録事項等証明書は永久抹消登録手続きをする際に、合わせて請求することが可能です。

永久抹消登録に関しては、費用はかかりません。

自分でやるのは面倒…!手間をかけたくないなら廃車買取を利用しよう!

「廃車の手続きについて分かったけど、やっぱりめんどくさい…」

と思っているかもしれません。

そういう場合は廃車の買取をすることで手間なく愛車を処分することができます。

廃車買取業者依頼でラクラク廃車手続き!

先ほどは自分で行なう廃車手続きの手順についてご紹介しました。

廃車手続きは誰でもできる手続きですが、陸運局へ出向いている時間がないという方もいらっしゃるでしょう。

陸運局の受付時間は、平日月曜日から金曜日の、8時45分から11時45分と、13時から16時ですので、働いている人はなかなかこの時間内に陸運局に出向くことは難しいですね。

そんなときに利用をおすすめするのが、廃車買取業者です!

廃車買取業者とは、不動車、事故車、水没車といった今後使うことができない車を買取ってくれる業者のことです。

「買取ってくれるということは、自分にお金が入ってくるっていうこと??」

その通りです!

例えば「廃車専門の買取業者カーネクスト」という廃車買取業者があります。

カーネクストは本来であれば、車を廃車するために必要な廃車手続代行手数料、レッカー引取代金、解体費用といったお金が必要になりますが、これらがすべて無料です。

ということは自分で必要な書類さえそろえれば、車を取りに来てくれるだけでなく、車の解体も、陸運局で必要な永久抹消登録手続きまで無料でやってくれるのです!

「必要書類ってどんなものが必要なの?」とお思いの方は、以下の6点をそろえてください。

①車検証
②自賠責保険証書(車検切れ・自賠責保険の有効期限が過ぎている場合は不要)
③リサイクル券
④印鑑証明書の実印(譲渡証明書・委任状への捺印が必要なため)
⑤印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
⑥身分証明書(本人確認のために必要。運転免許証・パスポートなど)

これらの書類をそろえることができれば、カーネクストに廃車を依頼します。
依頼は電話またはネットの申込フォームより行なうことができます。

申込後は、車のおおよその買取金額を聞き、車を引取ってもらう日時を決定します。

「買取金額っていうけど、不動車や事故車だったら、依頼した側がお金を払わなくていいの?」

その必要はまったくありません!

それどころか、カーネクストはどんな車でも0円以上の買取保証を行なっていますので、廃車を依頼した側がお金を払うことはないのです!

あとは実際に車を引取りにきてもらい、ご自身でそろえた必要書類を廃車買取業者に手渡すだけで、廃車の手続きは完了します!

のちに廃車買取業者から買取金額の振込がありますので、その受取が完了すれば廃車は終わりです。

こちらの記事「廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは?」もご参照ください。

さいごに

今回の記事では、自分で車を廃車するときの手順について解説してきました。

しかし自分で廃車手続きするのではなく、「カーネクスト」のような廃車買取業者に依頼すると、手続きや引取に関する費用が無料で、さらに廃車する車を0円以上の査定金額をつけてくれました。

自分で廃車手続きをするよりかは、カーネクストのような手間をかけることなく廃車の手続きを行なってもらえる廃車買取業者を利用することをおすすめします!

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車手続き
-,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.