廃車とお金

廃車にかかる費用って何がある?いくらかかるの?

更新日:

 

「車を廃車にしようと思うんだけど、廃車ってどれくらい費用がかかるのかな?」

「廃車の費用を安く抑えたいけど、どうしたらいいんだろう…」

なんてあなたは思っていませんか?

車を定期的に乗り換える人は車を廃車するのではなく、買取査定業者に買取してもらうケースが多いでしょう。

それに対して車を廃車にする人といえば、長年乗り続けた愛車が不動車になってしまったり、事故で車が大破した人ではないでしょうか。

つまり車の廃車は、人生の中で頻繁に経験することではないないんですね。

だからこそ廃車にかかる費用をご存知の方は少ないでしょうし、どのような内訳で費用がかかるのかはあまり知られていません。

そこで、今回は廃車にかかる金額や、どのようなものに費用がかかるのかをご紹介していきます。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




廃車にかかる費用とその節約術!

廃車は意外に費用がかかる

車を廃車にするとなると、車を解体業者のところへもっていき解体してもらわなければいけません。

また世の中を走るすべての車には陸運局から「車検証」が発行されており、そこには車の登録情報が記載されています。

車を廃車にする場合は、車の登録そのものを抹消する手続きも行なわなければなりません。

そう考えると、手続きが大変そうに思えますし、解体するにしても抹消手続きするにしても、さまざまな費用が発生しそうですよね。
では具体的にどのような費用が必要なのかをみていきましょう。

① 解体費用

車の解体を依頼した人が解体業者に支払う費用ですが、車をスクラップした際の鉄資源の買取金と相 殺されケースが多いです。

ですので、鉄資源の相場が安いときは10000円以上の費用が必要でしたが、今では無料で引き取ってくれるか、解体業者が車の解体を依頼した人に対してお金を支払ってくれるケースが増えています。

② 廃車引取費用

廃車する車を引取ってもらうときに発生する費用で、搬送距離に応じて金額が高くなります。

また不動車や事故車の場合は、車の状況によってはユニック車や積載車が必要になるため、搬送距離に応じたけん引料金以外に費用が発生します。

廃車引取費用は解体業者によっても費用はさまざまです。

③ 永久抹消登録代行手数料

車を廃車にするときは陸運局で永久抹消登録を行なう必要があるのですが、その登録手続きを行政書士や車屋さんに代行してもらうときに発生する費用です。

永久抹消登録手続きはそれほど難しい手続きではありませんが、手続きを代行依頼すると、約10000円前後は必要になります。

④ 永久抹消登録法定登録費用

陸運局で永久抹消登録を行なう際に、陸運局で永久抹消登録申請手数料として350円が必要です。

⑤リサイクル料金

2005年にリサイクル法が施行されましたが、2005年1月以前から車検をとっていない車についてはリサイクル料金が支払われていませんので、車を廃車するときにリサイクル料金の支払いが必要です。

しかしそのケースは極めてまれなので、ほとんどの人はこれまで乗っていた車のリサイクル料金は支払っているはずですので、車を廃車するときにリサイクル料金の支払いは必要ありません。

廃車にかかるお金…どうにか節約できない??

先ほどは車の廃車にかかる費用の内訳とそのおおよその金額を示しました。

仮に、解体費用が10000円、廃車引取費用が10000円、永久抹消登録代行手数料が10000円、永久抹消登録法定登録費用が350円、リサイクル料金は支払い済みで費用がかからなかったとしても、これらの費用をたし合わせると、30350円の費用が発生することになります。

「車を廃車にするのに30000円以上かかるって…、もっと安く済む方法はないの?」

安く済む方法は…、あります!!

先ほどご紹介した①~⑤の費用で削れるところを削りましょう!

①の解体費用は、最近では解体業者がこの費用をとることは珍しくなっています。

解体業者は車をスクラップしたあと、鉄資源などを他業者に販売し利益を得ています。

ですので、解体業者によっては軽自動車を5000円以上、普通車なら10000円以上で買取ってくれますので、車の解体を依頼した人が費用を払うのではなく、逆にお金を支払ってもらえるケースがあります。

ということは①の費用は節約どころかプラスになる可能性もあるということです。

②の廃車引取費用は、もし廃車する車が自走できるのであれば、解体業者まで自走することでレッカー代金を節約することができます。

もちろんその場合は、帰りの交通手段と交通費の確保を忘れないようにお気をつけください。

また最近では近距離の場合は、レッカー代金を無料にしている解体業者もありますので、その業者を利用した場合は、②の費用は無料になります。

③の永久抹消登録代行手数料は、自分で陸運局に出向いて永久抹消登録手続きを行なうことで代行手数料を節約することができます。

永久抹消登録手続きは、以下の9点を陸運局に持参し、提出することで手続きが完了します。

A. 車検証
B. ナンバープレート前後2枚
C. 所有者の印鑑証明書の実印
D. Cの印鑑証明書
E. リサイクル券
F. 使用済自動車引取証明書
G. 申請書(OCRシート3号の3)
H. 手数料納付書
I. 自動車税申告書

これまでに陸運局で手続きを経験したことがない人であっても、必要書類を持参し、記入が必要な書類がある場合は記入例を参考に書類を作成することができますので、永久抹消登録手続きは誰もができる簡単な手続きなのです。

もし書類の記入方法など、わからないことがあれば、陸運局の職員が丁寧に教えてくれます。

④の永久抹消登録法定登録費用は、登録手続きを行なう人であれば誰しもが支払う必要があるため、節約することはできません。

⑤のリサイクル料金は、基本的には支払い済みですので、費用はかかりません。

そう考えると、車を廃車にするために30350円かかるはずが、なんと!最安値の場合は④の永久抹消登録法定登録費用の350円のみになるんです!

もちろん解体業者や陸運局へ出向くために費用がかかりますが、誰かに代行を依頼することなく、自分で動くことによって、かなりの節約になりますよね!

節約どころか、解体業者からお金がもらえる可能性もあるので、プラスになる場合もあるのです。

廃車にするよりさらにお得?!買取依頼をしてみよう!

まだまだ乗ることができる車は廃車にするより買取査定業者に買取依頼してみよう!

不動車や事故車は、今後乗ることができないため車をスクラップするしか選択肢はありません。

しかし乗り続けることができる車を解体業者に依頼するのはかなりもったいない話しです!

先ほど廃車する車を解体業者に依頼してお金がもらえるとしても、10000円ほどとお伝えしました。

もしまだまだ乗り続けることができる車なのであれば、車を廃車にしてしまうのではなく、中古車ショップのような買取査定業者に買取の依頼をすることで、解体するよりも高い価格で買い取ってもらえる可能性は十分に高いです。

不動車・事故車であっても買取査定を依頼できる!

多くの方は不動車・事故車になった車は解体業者に依頼して、スクラップするしかないとお思いでしょう。

しかし車をスクラップすると解体業者からお金がもらえるとしても10000円前後でしたね。

ここで読者様には「たった10000円前後か…」と思っていただきたい。

実はそれ以上に高い価格で不動車・事故車を買取ってくれるところがあるのをご存じですか?

少しでも高く買取りを希望される方は「廃車専門の買取業者カーネクスト」を利用してみてはいかがでしょうか?

カーネクストは、不動車・事故車を買取りしてくれるだけでなく、レッカー引取無料なうえに、陸運局で行なわれる手続きに関しても無料で行なってくれます!

しかも不動車であっても事故車であっても全国対応で引取りしてくれるのです。

買取保証は0円以上ですし、解体業者に依頼する以上の金額がつく可能性が高いです。

思わぬ査定金額がつくことが多々ありますので、カーネクストで買取査定を依頼して、解体業者に依頼する以上の金額を手にすることができるのです。

そう考えると廃車にする車であっても廃車買取を依頼することをおすすめします!

さいごに

今回は、廃車にするとどれほどの費用がかかるのか、どこに費用がかかるのかについてご紹介しました。

他者に廃車手続きを依頼すると思わぬ費用がかかりますので、永久抹消登録手続きのように自分でできることは自分でやることにより費用を節約することができましたね。

最近では解体業者も、解体依頼をしてきた人から解体料金をとるのではなく、解体業者はのちのちに鉄資源をお金にかえることができるため、解体依頼してきた人にお金を支払うのです。

それだけでも得した気分になりますよね。
さらに得する方法して、カーネクストのような不動車・事故車を買取ってくれるところに査定依頼すると、解体業者に依頼する以上に得することがお分かりいただけたと思います。

今回の記事をお読みなって、車を廃車にしようとお考えの方は、ぜひ廃車買取をおすすめします!

こちらの記事「廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは?」でも詳しく解説していますのでご覧ください。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車とお金
-,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.