廃車の基準

タイミングベルトが切れたら廃車にするのと修理でどっちがいいの?

更新日:

 

「愛車のタイミングベルトが切れたんだけど修理するのと廃車にするのどっちがいい?」

「タイミングベルトが修理はいくらくらいかかるの?」

「タイミングベルトって何年くらいで切れるもんなの?」

なんてあなたは思っていませんか?

これまでにさまざまな中古車に乗り継いで来られた方は、中古車を買うときに「タイミングベルトが交換されているか?」という点は気になさったことがあるでしょう。

中古車を買うときにファンベルトは気にしないのに、なぜタイミングベルトは気にするのでしょうか。

そもそもタイミングベルトとは、どのような役割を果たしているのでしょうか。

今回はタイミングベルトの役割・交換について、もしタイミングベルトが切れた場合に車はどうなってしまうのか、廃車にしないといけないという話しを聞いたことがあるけどそれは本当なの?といったあなたのお悩みにお答えします!

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




知らないと大変!タイミングベルトの重要性!

まずはタイミングベルトって何なのでしょうか。

タイミングベルトはどんな役割を果たしているの??

タイミングベルトは、名前に「タイミング」とついているように、何かのタイミングをとっているベルトです。

具体的には、エンジンではガソリンを燃焼させるため、エンジンは綺麗な空気を求めています。

エンジンは綺麗な空気を吸って、その空気でガソリンを燃焼させ、汚れた空気をマフラーへ流して排気を行なっているのです。

綺麗な空気の吸う(吸気)のと、汚れた空気を吐き出す(排気)をどのタイミングで行なうのかを調整しているパーツがタイミングベルトなのです。
「吸気と排気のタイミングは大切なの?」と思われるかもしれませんが、吸気・排気のタイミングは非常に大切です。

吸気と排気というのは人間でいうと呼吸器のようなもの。

呼吸器のタイミングがずれてしまうと、不完全燃焼を起こしてしまい、エンジンが停止してしまうのです!!

もしタイミングベルトに不具合が生じた場合、車の故障につながりますし、走行中にエンジンが停止してしまうと事故につながる可能性が高くなります。

事故や故障が起きないためにも、ご自身の車の積算走行距離をみて、交換時期を迎えている場合は、きちんと交換しましょう。

タイミングベルトの交換時期はいつごろ??

自動車メーカーが交換を推奨しているのは「10万キロ以内」「10年未満」です。

ただしこれはあくまでも目安だと思って下さい。

タイミングベルトはエンジンの内部にあるため、自分で日頃から点検するのは困難だと思いますので、タイミングベルトの状態が気になる方は、ディーラーで点検してもらう必要があります。

とくに次の3点にあてはまる車に関しては、早い時期での交換をおすすめします。

①オイル漏れしているのにも関わらず放置している車
②オイル交換が行なわれていないなど、メンテナンスが行き届いていない車
③過去にオーバーヒートしたことがある車

①~③にあてはまる車はゴムの劣化を促進させるため、早めにタイミングベルトを交換する必要があります。

タイミングベルトはゴムでできていて、内側がギザギザの形になっており、ゴムの中にはワイヤーが通っています。

ゴムは時間がたつと固くなっていきますし、ときには歯が飛ぶ場合があり、そうなるとエンジンに支障きたすようになるのです。

タイミングベルトの寿命に関して、先ほどディーラーは10万キロ以下の交換を推奨しているとお伝えしましたが、世の中の車をみてみると、5万キロに満たない車のタイミングベルトが切れたという例もあれば、20万キロ走行してもタイミングベルトが切れないという例もあります。

中古車を買うときに多くの人はタイミングベルトが交換されているかを意識しますし、長年同じ車を乗っている人であっても、点検や車検のときにタイミングベルトの交換については車屋さんからの指摘があると思います。

基本的にはディーラーが推奨している「10万キロ以内」「10年未満」を目安にし、普段車のメンテナンスが行き届いていなかったり、車を動かしていない場合は、早めの点検・交換が必要です。

ただし輸入車に関しては「5万キロ以内」の交換を推奨しているメーカーもありますので、輸入車のタイミングベルトは国産車よりはより早めの交換が必要であることを知っておいてください。

タイミングベルトが切れたら修理?それとも廃車??

切れる前に交換!タイミングベルトの交換費用

タイミングベルトが切れてしまうとエンジンが不能になるとお伝えしました。

そうならないためにも早めに交換したいところですが、タイミングベルトに交換にはすごく費用がかかると聞いたことがあると思います。

では実際にタイミングベルトの交換にはどれくらいお金がかかるのかをまとめてみました。

次の表はあくまでも相場金額ですので、実際にかかる費用は車屋さんによって異なります。

 タイミングベルト代交換工賃合計
軽自動車2000~4000円20000~40000円22000~44000円
普通車3000~8000円25000~70000円28000~78000円

排気量が大きくなるほどタイミングベルト代や交換工賃が高くなることがあります。

タイミングベルトそのものはゴム製品ですのでそれほど値段は高くありませんが、交換工賃が非常に高いことがわかります。
タイミングベルトの交換は、ほとんどの車の場合、エンジンそのものをばらしていかなければ交換できませんので作業時間も6時間以上かかる場合があります。

一部ハイエースのように、エンジンそのものをばらさなくても作業ができる車がありますので、その場合は時間も費用もそれほど必要ありません。

同じエンジンをばらすならこの部品の点検・交換をおすすめします!

タイミングベルトを交換すると、ある程度エンジンをばらす必要がある…。

同じばらすなら、それと同時に交換をおすすめするのが、次の7つの部品です。

①ウォーターポンプ
②カムシャフトオイルシール
③クランクシャフトオイルシール
④オイルポンプシール
⑤アイドラプーリー
⑥テンショナー
⑦サーモスタッド

これらの部品も、自動車メーカーが交換を推奨しているのは「10万キロ以内」「10年未満」です。

タイミングベルトを交換して、後日にこれらの部品を交換するとなると、交換工賃が二重にかかってしまうため、費用が許す限り、交換することをおすすめします。

もしタイミングベルトが切れてしまったら…

タイミングベルトが切れるのは、もちろんエンジンが作動しているときですが、もしこれが走行中に切れてしまうと、車が停止してしまい、周りの車の通行を妨げることになります。

それどころか、タイミングベルトが切れてしまうと、ベルトを支えている部品など、周辺の部品と干渉することになり、そこから生じた熱により、エンジンルームから出火する危険があります。

大惨事にならないためにも、タイミングベルトが切れる前に交換しましょう。
仮に走行中にタイミングベルトが切れてしまうと、先ほど示したようなタイミングベルト代、交換工賃に加えて、タイミングベルトが切れたことによって周辺部品を破損している場合は、それらの部品代、車を運ぶためのレッカー費用など、総額で20万円以上はかかることが見込まれますので、やはり普段からのメンテナンスが重要ですね。

タイミングベルトが切れた場合は廃車にするほうがお得?

もしタイミングベルトが切れてしまった場合、ご自身の愛車をよほど大切にしていらっしゃる人でない限り、何十万もかけて修理する人はほとんどいません。

修理の見積金額をみて、その高額さに驚く人が多いのです。

その場合は、車を廃車にするほうがお得です。

タイミングベルトが切れてしまい、修理するとなれば、修理にかかる費用は20万円以上。

タイミングベルトが切れている場合は不動車となるため、ディーラーの下取りや中古車ショップでの買取に出したところで、価格をつけてもらうことはできません(つまり0円ということです)。

それなら廃車にすることにより、あなたに少しでも多くのお金が入ってきます。

廃車と聞くと車の所有者がお金を払わないといけないと思われがちですが、今ではあなたの動かなくなった車を買取ってくれるのです。

動かなくなった車でも、まだまだ使用できるパーツを取り外して販売したり、最終的に鉄くずになったとしても鉄資源として販売することができるため、不動車でも買取ってもらえるのです。

そう考えるとタイミングベルトが切れてしまった車を修理するより、廃車にしたほうがお得だといえます。

さいごに

今回はタイミングベルトについてご紹介しました。

10万キロ以上の走行している車、10年以上経過している車、普段メンテナンスが行き届いていない車に関しては、一度タイミングベルトの点検をしてもらいましょう。

走行中にタイミングベルトが切れてしまうと修理費用が高額になるだけではなく、他の車との事故が発生する可能性があり、場合によっては大惨事になることもあります。

最近ではゴム製のタイミングベルトではなく、タイミングチェーンを使用している車が増えています。

ゴム製のタイミングベルトの耐久は10万キロでしたが、タイミングチェーンの耐久は30万キロが目安ですので、この部品をかえることは考えなくてよくなりますよね。

もしタイミングベルトが切れてしまい不動車になった場合は、高額な修理費用を出すよりかは、廃車にしたほうが、自分の手元にお金が入ってきます。

今では「廃車専門買取業者カーネクスト」のように事故車や廃車の査定を無料で行なってくれる業者があります。

カーネクストは全国展開・年中無休で営業していますし、思っていない高い価格で不動車を買取ってくれます。

また不動車を買取ってもらったあとの書類手続きに関しても無料で行なってくれますので、所有者は費用の負担することなく車を廃車にすることができます(役所で必要な印鑑証明書取得などで費用負担することはあります)。

タイミングベルトが切れないように、普段からのメンテナンスや点検・交換はもちろんのことですが、もしタイミングベルトが切れてしまった場合は、廃車を検討してみてはいかがでしょうか。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車の基準
-, ,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.