廃車手続き

廃車(永久抹消)する際の車庫証明の手続きはどうしたらいいの?

更新日:

 

「もう車を使わないから廃車にしよう…。ということは駐車場も必要なくなるな…。ん?待てよ?
そういえば今使っている駐車場で車庫証明の申請手続きをしたことを思い出したぞ。廃車する
場合は車庫証明はどうなるんだ?」

このように新たに車を車庫にとめる際に、駐車場のある地域を管轄する警察署に車庫証明の申請手続きをしなければいけません。

警察署に車庫証明を申請する際に車庫証明書が交付されます。

車庫証明書は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」に基づいて義務付けられている書類で、車に保管場所があることを証明するものです。

ではそれとは反対に、車を廃車にするときは車庫証明書はどうなってしまうのでしょうか?

必要なくなった場合は、何か手続きをする必要があるのでしょうか?

今回は車を永久抹消登録する際に、車庫証明書をどうすればいいのかをご紹介します。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




車庫証明とはどのような申請手続きなの?

まずは車庫証明とはどのような申請手続きなのかを解説します。

車庫証明申請手続きが必要なのはどんなとき??

①新車の登録自動車を購入(新規登録)する場合
②中古の登録自動車を購入等(移転登録)する場合
③登録自動車を所持する使用者が住所を移転(変更登録)した場合

車庫証明申請手続きに必要な条件とは?

車庫証明書は、車を保管している場所を証明するためのものです。

車庫証明の申請手続きをするためには、次の3つの条件を満たしておく必要があります。

①車の使用者の住所と保管場所が地図上で直線距離が2キロメートル以内であること
②保管場所へ道路から問題なく出入りでき、車の長さ・幅が駐車場に収容できること
③車の使用者が車の保管場所を使用する権利をもっていること

車庫証明申請手続きは地域を管轄する警察署で行なう!

車庫証明の申請手続きは地域を管轄する警察署で行なう際に、以下の7点が必要です。

①自動車保管場所証明申請書
②保管場所標章交付申請書
③保管場所の所在図・配置図
④保管場所使用権原疎明書面(自認書)
⑤保管場所使用承諾証明書
⑥車の使用者の印鑑
⑦車庫証明申請手数料

③は、自宅から駐車場までの地図の記載と、駐車場内の間取りを描き、その駐車場内で自分自身の車をどこに駐車するのかを示す書類になります。

自宅から駐車場までの地図は、手書きでも構いませんし、パソコンで出力した地図を添付しても受け付けてくれます。

駐車場内での自分の駐車場所は、駐車場内の間取図を手書きしても構いませんし、パソコンで間取図を作成しても構いません。

④は、自分の土地や建物を使用する場合に提出する書類です。

⑤は、月極駐車場などを使用する場合に提出する書類で、基本的には駐車場のオーナーが書くことになります。

つまり、車庫証明申請手続きを行なうためには、一度①~⑤の書類を警察署で手に入れてから、自分で書くことができるところは自分で書き、⑤のように第三者が書かなければいけない箇所に関しては、その第三者に記入を依頼する必要があります。
⑦は、各都道府県により異なりますが、普通車の場合は2500~2830円、軽自動車の場合は500~610円が必要です。

これらをすべて提出することにより、後日警察官が実際に申請された駐車場に訪れ、申請された内容に誤りがないかを確認しに行きます。

警察署に書類を提出してから約5~7日後に①・②の書類に警察署の印鑑が押印された書類が返却されますので、これをもって車庫証明の申請手続きが終了となります。

各都道府県の警察署によっては、警察署のホームページより①~⑤の書類をダウンロードすることができますので、アクセスしてみてください。

車を廃車にするときには車庫証明はどうなる??

車を廃車にする時には車庫証明はどうなるのでしょうか。

廃車するときも警察署での申請手続きが必要!

車を廃車する場合は、車庫証明の抹消手続きを行なうことが必要です。

抹消手続きについては、車庫証明の申請を行なった警察署で行ないます。

永久抹消登録で廃車をする場合に必要な車庫証明の手続きとは?

永久抹消登録とは、車をスクラップして車を永久的に使わないときに行なう登録手続きです。

まずは陸運局で永久抹消登録の手続きを行なう必要があります。

とはいっても、陸運局で永久抹消登録を行なう前に、解体業者に車を解体してもらう必要があります。

解体業者が車を解体した後に、車の使用者に使用済自動車引取証明書を送付してくれますので、その書類をもって陸運局へ出向きます。

永久抹消登録の手続きを行なう際には、次の9点が必要です。

①車検証
②ナンバープレート前後2枚
③所有者の印鑑証明書の実印
④③の印鑑証明書
⑤リサイクル券
⑥使用済自動車引取証明書
⑦申請書(OCRシート3号の3)
⑧手数料納付書
⑨自動車税申告書

①~⑨を用いて、陸運局にて永久抹消登録を行ないます。

永久抹消登録の手続きが完了すると、陸運局から「永久抹消登録/解体届出手続き完了のお知らせ」という書面が発行されます。

つまり一時抹消登録のときのように、登録事項等証明書といった正式な書類が発行されるわけではありません。

なので、車庫証明の抹消手続きを行なう際には「永久抹消登録/解体届出手続き完了のお知らせ」以外に「登録事項等証明書」の発行申請を行なう必要があります。

登録事項証明書は、新車登録のときから変更された事項をすべて記録したものです。

この証明書のコピーを添付すれば、車庫証明を抹消することができます!

車庫証明の抹消手続きをしないとどうなるの?!

車を廃車にしたとしても、車庫証明の抹消手続きが自然と進むわけではありません。

車はこの世にないのにも関わらず、車庫証明だけが残っている状態になっているのです。

このような状態になっていることは知っておいてくださいね。

だからこそ、車庫証明の抹消手続きが必要なのです。

もし車庫証明の抹消手続きを怠るとリスクが発生します。

先ほど、車庫証明を警察署に申請する際の書類として「保管場所使用承諾証明書」が必要だとお伝えしました。

月極駐車場などを使用する場合に提出する書類で、駐車場のオーナーが書いてもらう書類でしたね。

この書類には「駐車場の使用期間」を記載しなければいけません。

「使用期間と言われても、いつまで契約するかなんてわからないし…」とお思いでしょう。

ここは、通常1年以上の期間を記載するのが一般的です。

「仮に1年の期間を記載したとしたら、その後は更新の手続きが必要なの?」と思われるかもしれませんが、これは警察署に確認していただく必要はありますが、基本的には「使用期間がすぎても何もしなくて良いです」と言われます。

つまり車や住所などに変更がなければ、車庫証明の更新手続きをする必要はないということです。

ということは、車を廃車にしたとしても、駐車場には廃車した車が駐車場に残っているということになります。

先ほど保管場所使用承諾証明書の駐車場の使用期間には、通常1年以上の期間を記載するのが一般的とお伝えしました。

1年以上の使用期間を記載しておきながら、もし1年以内に車を廃車にしてしまい、車庫証明の抹消手続きをしなかった場合は、次に新しい車の車庫証明を申請しようとしても、同じ場所での車庫証明の申請ができないのです。

これが車庫証明の抹消手続きをしていなかったときのリスクになります。

やはり車を廃車にした後は、忘れずに車庫証明の抹消手続きを行なわなければならないですね。

さいごに

今回は、車を廃車にした際に車庫証明の手続きをどうするべきかについてみていきました。

車を廃車にしたからといって、車庫証明までが抹消されているわけではありません。

車庫証明を抹消するためには、陸運局で永久抹消登録を行なってから、自分で警察署に出向き、車庫証明の抹消手続きを行なわなければなりません。

この手続きを行なわなければ、いつまでも廃車にした車の駐車場になってしまい、次に新しい車を購入したときに車庫証明の申請ができなくなる場合があります。

とくに車庫証明の申請をして1年が経過していない場合は、きちんと車庫証明の抹消手続きをしておかなければ、車庫証明の申請ができません。

世の中で車庫証明の抹消手続きを行なっている人は少ないようですが、今回の記事を参考に定められた手続きで車庫証明の抹消手続きを行ないましょう。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車手続き
-, ,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.