廃車の基準

事故を起こした場合に廃車にするかの基準ってある?

投稿日:

 

「事故を起こして車がボンネットが凹んでしまったけど廃車にするのと修理に出すのではどちらがいい?」

「事故を起こしてしまい廃車にするか悩んでいるけど何を基準に決めたらいいの?」

なんてあなたは思っていませんか?

誰でも一度は経験があるのが車の事故ではないでしょうか。
かすり傷くらいなら修理して引き続き乗りますが、ボンネットやバンパーが大きく損傷してしまったときって廃車にして新しい車を購入するか修理にするか迷いますよね。

ポイントとしてはどちらがいいのか比較しながら考えることです。

今回は事故を起こした時に廃車にすべきか、修理して乗り続けるべきかについて考えたいと思います。

保険でカバーできない?ならば廃車を考える?

事故を起こしてしまった場合にまず考えるのは保険のことについてになります。
事故の被害者と加害者と二パターンについて考えてみます。

事故の被害者になってしまったケース

「大事にしていた車をぶつけられて、大きく損傷した」

こんな場合に迫られるのは、自分の車を直す、直さないという選択です。

「相手の保険から修理代金は出るんでしょ? それじゃ、直さなきゃ」

しかし、保険金の上限はあらかじめ決められているもの。
それ以上の金額は保険会社は支払ってはくれません。どれだけ大事に乗っていようとも、愛着があろうとも上限を超えての保険金が支払われることはないのです。

相手の保険会社が支払ってくれる上限を修理費が上回ってしまう場合は、廃車にしてしまうのがよさそうですね。

事故の加害者になってしまったら

「自分が原因で事故を起こして、車が大きく損傷してしまった」

相手の側の補償は自分が加入している保険会社に任せるとして、困ってしまうのは自分の車をどうするか。
これは自損事故、つまり相手がいないケースの事故にも当てはまります。

まずは、自分が加入している自動車保険の内容を思い出してみましょう。
「対人」や「対物」については事故の相手を補償するものですから、自分の車については全く効力がありません。大切なのは「車輌」保険に加入しているかどうかです。
加入しているならば一応の補償は出ますから、まずはひと安心です。

車両保険を使って直してもデメリットはある

車両保険に加入しているならば、保険を使う・使わないという2択になるのですが、使ったら使ったでデメリットがあるのが車両保険。
等級が3ランク下がるばかりか「事故あり等級」となってしまうことで、翌年からの保険料が大幅に上がってしまいます。

保険を使う、使わない……迷ってしまいますね?
そんな場合は修理にかかる金額と、自動車の保険料が上がる分とを比較してみましょう。
車両保険を使ってしまうと3年間は割高な保険料を支払う必要がありますから、修理費用によっては保険を使わずに自腹を切った方がマシという選択も出てきます。

そして車両保険で支払われる金額ですが、これにも制限が定められています。
修理費が上限を越えてしまう様だったならば、廃車にすることも視野に入れなくてはなりません。

自腹を切って直すメリットはあるの?

車両保険に加入していない、もしくは使うまでもないと判断した場合、自腹を切って修理することになります。

しかしクルマが古いとか、最近調子が悪いとか、車検が近いとか、そんな場合は修理をするのに二の足を踏むもの。
それぐらいならば、廃車にしたほうがいいのではないか? ということになりますね。

廃車にするかどうかは、どうやって決める?基準は?

それでは廃車にするかについて何を基準に考えたらいいのかいくつか挙げてみます。

破損はどのくらいか? 程度から判断する

クルマの外装ぐらいでダメージがとどまっているならば、修理費が高額になるといってもたかがしれています。
しかし問題はダメージが骨組み(フレーム)部分まで及んでしまっているケース。

この場合、修理費用が数10万円にもなってしまうことも珍しくなく、自腹が切れないばかりか保険でまかなえる金額を上回ることも珍しくありません。

フレームまでダメージが及んでいるかどうかが、廃車にする一つの基準といえるでしょう。

修理費用はどのくらいか? かかる金額から判断する

相手の対物保険を使うにしても、自分の車両保険を使うにしても、それぞれ上限が定められています。その基準となるのは通称「レッドブック」と呼ばれる中古車の相場を一覧にした本。
今、同じ車を中古車で手に入れるならばいくらかかるかが掲載されています。ですから、その価格が保険で支払われる金額の上限となるのです。

この金額が修理費を上回ってしまったならば、廃車にする他ないと考えることができます。

走行距離はどのくらいなのか? 古い車なら、いっそ廃車にしてしまっては?

よほど大切に乗っているとか、特殊な車種でもない限り、乗り換えの目安となる走行距離は10万キロ。
もちろんメンテナンス次第でクルマはいくらでも走るものではあるのですが、中古車市場でも走行距離が10万キロを越えたクルマには値段がつきませんし、先の「レッドブック」に掲載されている価格も非常に低いものとなってしまいます。

走行距離が10万キロを越えているクルマ修理するぐらいならば、廃車にしてしまって新しいクルマを購入するというのも選択に入ってくるのです。

廃車と走行距離については「中古車を廃車にする走行距離はどのくらい?何を基準に決めるの?」で詳しく解説しています。

車検がどのくらい残っているか?車検を受けたばかりなら、廃車にするチャンス?!

クルマを廃車にすると様々なお金が戻ってくることを知らない人も多いものです。
例えば自動車重量税・自賠責保険……これらは、車検を受ける度に2年分をまとめて支払っているのですが、これらの金額は廃車にすると月割で戻る(還付)されるものなのです。

車検を受けたばかりのクルマが事故にあった!! というのは確かに悲劇ではありますが、逆にいうと還付される金額が大きいということ。廃車にしてしまうメリットは大いにあるのです。

廃車の還付金については「廃車にすると還付金があるって本当?何をいくらくらいもらえるの?」の記事を参照ください。

また、車検が間近で高額な費用がかかることが予想されるなら、これもまた廃車を検討するべきケース。修理費+車検費用……それだけの価値がないと思うなら、迷わず廃車にしてしまいましょう。

廃車にするなら、「買取」がおすすめ

実は廃車にするよりも廃車を買い取ってもらった方が色々と恩恵があります。

買取を検討しないことは損をすることです

廃車にしようと思った場合にやってはいけないことは、とりあえず引き上げた整備工場などにクルマを任せてしまうことです。

「面倒な手続きは全部やっておくから、手数料だけで廃車にしておきますね」

これを聞いて、親切な工場だと思ったら大間違い。もちろん様々な手続きもありますし、解体費用もかかりますから、数万円という手数料を請求されてしまいます。

しかし、例えば廃車の買取を専門にしているような会社なら、税金などが戻ってくるケースも教えてもらえたり、もう動かないクルマでも値段を付けて買取ってくれるケースもあるのです。
廃車の買取を検討せずに、決めてしまうことは損をすることなのです。

廃車にするしかないクルマでも買取ができる。しかも廃車専門の買取ならば、有利な条件での買取が可能!! これはおぼえておきましょう。

これが廃車買取専門店を利用するメリットです

廃車を買取してもらった時のメリットは何でしょうか?

廃車の買取なら解体費用などが、無料になる場合も

廃車にするしかないクルマは鉄のかたまり、もう価値がないと思ってしまいがちなのです。
しかし、それを必要としている人がいるものです。
そんな人へ廃車にするしかないクルマを橋渡ししてくれるのが「廃車専門の買取業者カーネクスト」、全国で廃車を専門に買取している会社です。

カーネクストなら引取りやレッカー費用、廃車手続き、解体費用が無料となる場合もありますから、損をすることなく安心して依頼することが可能なのです。

廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは?」の記事ではより詳しく解説していますのでどうぞご覧ください。

事故車でも高値が付く場合も

比較的新しいクルマだとか、人気や需要がある車種だとか。
こんなクルマにはたとえ廃車の状態でも値段をつけてくれるのがカーネクスト。
人気や需要といっても日本国内だけの話ではありません。海外にも広い販路を持っているのが強みです。

その強みを活かして廃車を高価買取してくれるのが、廃車専門の買取店・カーネクスト。ひょっとすると、思わぬ高値が付くかもしれません。とりあえず廃車にすることが決まったら、見積もりだけでもしてみるといいかもしれません。

さいごに

今回は、「事故を起こした場合に廃車にするかの基準ってある?」ということで解説してきました。
廃車にするにはいくつかのポイントがあります。
今回ご紹介した内容を参考に廃車にするか決めるといいでしょう。
是非、ご参考ください。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめの廃車買取業者は「カーネクスト」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車買取業者のカーネクストで試しに買取査定してみる<<<



-廃車の基準
-, ,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。