廃車とお金

事故で廃車にする場合、ローン返済中でもできるの?注意点とは?

更新日:

 

「ローン返済中の車で事故してしまって廃車にするんだけどローンってどうなるの?」

「ローン返済中の車を廃車にして新車を購入する予定だけど、ローンを組むと二重ローンになるの?」

「ローンの一括返済ができないんだけどどうしたらいいの?」

なんてあなたは思っていませんか?

車は財産にもなる高額なものですので、一括で購入するよりかはローンを組んで購入される方が多いと思います。

ローンを組んで車を購入した場合、車検証の所有者の欄はローン会社の名義に、使用者の欄は自分の名義になっています。

ローン完済後は、ローン会社に「所有権解除」の手続きをとることによって、これまでに所有者がローン会社名義だったものが自分の名義にかわります。

もしローン返済中に事故を起こしてしまい廃車となった場合、今まで支払い続けてきたローンは継続して払い続けなければいけないのか、もし次の車を購入するとなった場合、ローンを二重に支払っていかなければいけないのかは、多くの方が知りたい話しであると思います。

今回は廃車する車にローンが残っている場合はどのような手続きをとる必要があるのか、ローンが残っている車を廃車にするときに、どのようなことに注意しなければいけないのかについてご紹介します。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




ローン返済中の車を廃車にするときの注意点!その車の所有者は誰??

ローン返済中の廃車について順に解説します。

車の「所有者」と「使用者」

「車の名義人」といっても、車検証には所有者と使用者の欄があります。

所有者は車の持ち主をさし、使用者は車を使っている人をさします。
ローンを組んで車を購入した場合、所有者はローン会社またはディーラーになっており、使用者があなたの名前になっています。

車を廃車にするかどうかは「所有者」が判断できますので、使用者であるあなたは所有者の許可なく、勝手に廃車にすることはできないのです。

もし車を廃車にする場合は所有者の名義をあなたの名義に変える「所有権解除」という手続きをとる必要があります。

所有権解除は、ローンが完済している場合は簡単に行なうことができる手続きなのですが、ローンが残っている場合は所有権解除をするのは難しくなります。

つまり所有権解除を行ないたい場合は、所有者になっているローン会社またはディーラーの許可が必要になります。

所有者がローン会社やディーラーの場合(自分ではない場合)

ローン残債を一括返済する!

ローンの残債があるために所有者がローン会社またはディーラーになっているわけですので、ローンを一括で返済してしまえば所有権解除の手続きを行なうことができます。

一括返済をする場合はローン会社またはディーラーに連絡すると一括返済の手続きをとってもらうことができます。

一括返済が完了すればローン会社またはディーラーから、譲渡証明書・委任状・印鑑証明書が送られてきますので、これらを用いて陸運局で廃車するための手続きである永久抹消登録手続きを進めることができます。

ローン残債の一括返済が難しい場合は…?

もしローンの残債が一括で返済できない場合は…、それはローン会社またはディーラーに相談するしかありません。

「そんなこと相談したって聞いてもらえないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、事故のように状況が状況の場合は、相談しないよりかは相談したほうがいいでしょう。

相談して、しっかりと事情を説明すれば、特例措置をとってくれる場合があるのです!

最初から「交渉しても無理だ」なんて諦めていては事は進みませんからね。

例えば大きな事故によって継続してその車を所有できないと判断できる場合や、修理しても車両価値を考えると割に合わない場合は、特例措置として、残債を一括返済しなくても所有権解除をさせてくれる場合があります。

「車両は解体してローンは支払い続ける」という約束のもとで、所有権解除に承諾してくれる場合ありますので、一度ローン会社またはディーラーに相談してみるといいでしょう。

ちなみに、事故によって廃車にする場合は、事故の証拠を提示しなければならないので、事故に見せかけて自動車を売るようなことはできないようになっています。

所有者が自分の場合

所有者があなた自身の場合は、いつでも自由に事故車を廃車にすることができます。

ローンが銀行系ローンの場合は、所有者は自分名義になっていることがほとんどですので、この場合も自分の意志で車を廃車にすることができます。

もちろんローンの残債は支払っていかなければなりません。

事故で廃車の車のローンを返済中…次の車を買うとローンは二重になる?!

ローンの返済中の車を廃車にして新車を購入する場合はローンはどのようになるのでしょうか。

車両保険に入っているかが大きなポイント!

ローンの残債がある車が事故で廃車になる場合、次の車を買うとなると二重でローンを払うことになります。

二重のローンとなると普段の生活を圧迫することになり、きちんとした返済計画がなければ返済することは難しいでしょう。
しかし必ずしも二重ローンになるとは限りません。

任意保険についている車両保険に入っていれば、二重ローンになる可能性は低くなります。

例えば、ある人が任意保険の車両保険に入っていて、ある時にローン支払い中の車が全損扱いになる事故を起こしてしまいました。

そのときに!入っててよかった車両保険。

なんと全損だったため、ローンの残債はすべて車両保険で全額補償されることになりました。

つまり事故で廃車になった車のローンは完済された状態になるため、次の車を購入するとなっても、その車のローンだけを支払っていけばいいのです。

つまり車両保険に入っておくと、二重でローンを支払うという状況にはなりにくいのです!

もし車両保険に入っていない場合は…??

もし車両保険に入っていない場合、次の車をローンで買うとなると二重でローンの支払いをするしかありません。

「車両保険のお金を残債の返済にあてて、新しい車のローンを組み直せば二重ローンは避けられるのでは??」とお思いの方がいらっしゃると思います。

しかし!その考えは甘い考えでして…、保険のルール上、そのやり方はできません。

あくまでも保険料は次の車を買うために適用されるからです。

きちんとルールに即して、ここでは二重でローンを支払っていくしか方法はありません。

廃車買取業者を利用してローン残債を少しでも軽くしよう!

廃車買取業者をご存じですか?

廃車買取業者とは、事故車はもちろんのこと、不動車や水没車など、廃車にする車を買取ってくれる業者のことをいいます。

廃車買取業者の例として「廃車買取専門の業者カーネクスト」があります。

カーネクストは廃車にする車であれば、どのような状態であっても0円以上での買取保証をしています。

つまりカーネクストで廃車にする車を買取ってもらい、その買取金額をローンの返済にあてることで、少しでもローンの返済の負担が軽くなるのです。

「でも事故した車を買取ってくれるなんて、いまいち信用できないんだけど?」と思われるかもしれません。

例えば、走行不能にまでなった事故車の買取実績を例にあげると、平成22年式の日産エクストレイルで排気量が2000cc、積算走行距離50000km、横転事故でタイヤシャーシが歪んでしまったために走行不能になりましたが、この車の買取金額はなんと21万円なのです!

すごいと思いませんか?

走行不能な事故車は買取りなんてしてもらえないと思い込みがちですが、実はこのような高値で売れる場合があるのです。

高額で売れるほど、ローンの返済にあてることができ、早くローンを終わらせることができますよね。

この方法でローン残債を少しでも軽くして、ひと月でも早くローンを完済させることができるのです!

さいごに

今回は廃車にする車にローンが残っている場合の廃車の仕方や、その時の注意点についてご紹介しました。

まずは車検証をみて、所有者が自分名義なのか、ローン会社またはディーラーなのかをチェックする必要がありましたね。

もし自分名義であれば、すぐに永久抹消登録手続きができます。
しかしローン会社またはディーラーの名義になっている場合は、所有権解除の手続きをしなければ永久抹消登録ができません。

ローン返済中の場合は一括返済しない限り、基本的に所有権解除ができませんが、ローン会社またはディーラーに事故で廃車にしなければならないという旨を伝えることで、所有権解除の手続きをとってくれる場合がありますので、一度ローン会社またはディーラーに相談してみましょう。

何よりも、任意保険料は高くなりますが、車両保険に入っておくことで、全損の事故を起こした場合は全額補償されることがありますので、保険には加入しておくべきです。

そうでないと次に車を買うとなった場合、事故で廃車にした車のローンを払い続けるだけでなく、新しく購入した車のローンを同時に払うことになりますので、家計に大きなダメージを与えてしまいます。

ローンの残債を少しでも減らすためには、事故で廃車にする車を買取ってくれる「廃車買取業者」を利用することをおすすめします。

廃車買取業者である「カーネクスト」では、事故車であっても0円以上の買取保証をしてくれますし、シャーシが曲がって走行不能な車であっても21万円で買取ったという驚きの実績もあります。

カーネクストに廃車の買取を依頼して、事故車のローンの残債を少しでも減らすと、あなたの負担が軽くなりますよね。

今回の記事のように、きちんとした手続きをふんでいくと、ローン中の事故車であっても廃車にすることは可能ですので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

事故車を少しでも高く買い取ってもらいたい方はこちらをご覧ください。

廃車にする車を少しでも高く買い取ってもらいたい方はこちらをどうぞ(無料)

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車とお金
-, ,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.