廃車とお金

軽自動車の廃車費用はいくら?安く廃車にするコツとは?

更新日:

 

「軽自動車を廃車にしようと思うんだけど費用ってどのくらいかかるの?」

「少しでも安く軽自動車を廃車にしたいんだけどどうしたらいいの?」

なんてあなたは思ってませんか?

普通車を廃車する場合は「永久抹消登録」という手続きを行なうのですが、軽自動車の場合は「解体返納」という手続きをとることになります。

普通車であっても軽自動車であっても陸運局で手続きすることに変わりはありませんが、解体返納するにあたって準備するものが、普通車の永久抹消登録とは異なります。

そしていざ車を解体するとなったときにかかる費用はいくらくらいなのでしょうか?

「お金がかかるのであればできるだけ安く済ませたい…。」

「欲をいうなら安く済ませるだけでなく、タダで済ませることなんてできたらもっと助かるな…。」

そのような思いをお持ちのあなたのために!

今回は軽自動車の廃車費用についてのご紹介、安く廃車にするコツに加えて、廃車する車を実はお金に変えるまで、お得な情報をご紹介します。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




数万円かかる?!軽自動車の廃車費用!

まずは軽自動車の廃車費用について見ていきましょう。

すべての作業・手続きを解体業者に依頼すると高額になる!

車を廃車にしたことがある経験をおもちでない方は「車の廃車はとても難しいこと」や「そもそも自分でやるものではなくて業者にしてもらうこと」とお思いでしょう。

すべての作業・手続きを解体業者に依頼すると、もちろんそれだけ費用がかかります。

ではすべての作業・手続きを依頼すると、どれほど費用がかかるのか。

まずは「レッカー代金」で、距離に応じて加算されるため、数万円の費用がかかる場合があります。

そして「解体費用」は、車をスクラップしてもらうための費用で、約0~30000円がかかります。

最後に「書類手続き代行費用」は、陸運局で解体返納の手続きをする際に、陸運局に提出する書類を作成しなければいけませんが、その代書費用ならび陸運局への出張費用として約10000~20000円がかかります。

今のお話しでレッカー代金が10000円、解体費用が10000円、書類手続き代行費用が10000円だとしたら、車を廃車するのに必要な費用は30000円になるのです。

解体業者の中には、軽自動車であれば5000円程で買取ってくれる業者もいますが、5000円で買取ってもらったとしても、車を廃車するのに25000円程の費用がかかります。

自分が動くことで廃車費用は安くするコツ!

先ほどご紹介したように、すべての作業・手続きを業者に依頼すると高額な費用が必要になります。

せっかく今回の記事をお読みいただいているので、これらの廃車費用を安くする方法をお教えします。

多少面倒くさいこともあるかもしれませんが、あなたが少し腰をあげるだけで、廃車費用を数万円浮かすことができるので、ぜひ参考にしてください!

先ほど廃車にかかる費用として「レッカー代金」「解体費用」「書類手続き代行費用」があるとお伝えしました。

このうち「解体費用」は削ることはできませんね。

車の解体は自分ではできませんので、ここは解体業者に任せましょう。

「レッカー代金」「書類手続き代行費用」は自分で動くことで費用をほぼ0円にすることができます。

もし解体業者のところまで車を自走させることができるのなら、自走させることで解体業者のところまでのガソリン代と、帰りの交通費だけで済みますね。
書類手続き代行費用に関しては、解体返納手続きをする際に必要な書類を自分で作成し、陸運局へ提出することで代行費用は必要ありません。

ただ陸運局を往復する費用だけはご準備ください。
「でも陸運局で必要な書類なんて作ったことないし…、素人にはそんなことできないでしょ?」

いえいえ、陸運局での書類作成は全然難しいものではありませんのでご安心ください。

軽自動車の解体返納手続きを行なう際には、以下の10点が必要です。

①車検証
②所有者の認印
③ナンバープレート前後2枚
④移動報告番号と解体通知日の書かれた書類
⑤リサイクル券
⑥マイナンバー(社会保障・税番号)の個人番号カードまたは通知カードのコピー
⑦自動車重量税還付申請書
⑧手数料納付書
⑨解体届出書
⑩軽自動車税申告書

②のように、普通車の永久抹消登録であれば印鑑証明書が必要であったり実印が必要でしたが、軽自動車の手続きでは認印でいいところが楽なところですね。

④は車を解体してくれた解体業者から発行させるものですので、解体業者から受け取りましょう。

⑦~⑩は、陸運局で手に入る書類で、陸運局現地で記入するする必要がある書類です。

この書類への記入(書類作成)が難しいと思っている方が多いようですが、陸運局には書類の記入例がありますので、それを見ながら記入するだけですし、もしわからないことがあれば陸運局の職員が丁寧に教えてくれます。

書類作成のかかる時間は、記入例を見ながらであったとしても10~15分程で終わるほど、簡単に作成できますよ。

つまり自分で解体業者や陸運局へ出向く費用は少なからずかかりますが、自分で動くことで「レッカー代金」「書類手続き代行費用」の2つ浮かすことができます。

総額でいうと20000円以上のお金を浮かせることができるのですから、動かない手はないと思います!

軽自動車の「廃車買取」でお金がもらえる方法をご紹介!

自分で動かなくても廃車することでお金をゲット?!

軽自動車を廃車する際に、すべての作業・手続きを業者に依頼すると高額な費用がかかるため、自分で解体業者や陸運局へ出向くことで、何万円ものお金を浮かせることできましたね。

しかし「自分で動くのは面倒くさいな…」とお思いの方あいらっしゃると思います。

もし業者がタダでレッカー移動や書類手続きを代行してくれるのなら…、依頼しますよね?

しかも解体作業もタダでやってくれて、しかも廃車する車を買取ってくれるなら…、依頼しますよね?

「そんなことをしてくれるのなら絶対に依頼するけど、世の中にそんな都合のいい話しがあるわけない」

多くの方がそう思われることでしょう。

実はこの話し、本当にあるのです。

自走できる車だけではなくて、事故車・不動車・水没車など、廃車にする車を買取ってくれる廃車買取業者が世の中にはあります!

例えば「廃車買取業者のカーネクスト」では、廃車にする車を0円以上で買取保証をしてくれますし、車を移動させるレッカー代金、解体返納する際の書類手続き、そして解体費用までも無料で行なってくれるのです。

「え?それって本当に自分は動かなくていいの?」

はい、軽自動車の場合は普通車のように役所で発行される印鑑証明書なども必要ありませんし、基本的に廃車の依頼者がどこかへ出向くことはありません。

動くことといえば、廃車買取業者があなたのところへ車を取りにきますので、そのときに応対するくらいでしょう。

廃車の買取金額に関しては銀行口座に振り込んでくれますし、解体返納が完了した際に発行される「登録事項等証明書」に関しては、解体返納手続きが完了してから自宅へ郵送してくれます。

「廃車買取業者がここまでしてくれて、実際にいくらで軽自動車を買取ってもらえるの?」

ここも気になるところだと思いますので、廃車の買取実績の例をあげてみます。

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円
②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円
③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円
④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円
⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

廃車する車であっても、エンジンやミッションなど、高価で再利用できる部分が多い車に関しては高値で買取ってもらえます。

④と⑤の買取価格をみて驚かれた方も多いことでしょう。

自分が動くこともなく、レッカー代金などの費用もかからないだけでなく、これだけの金額で買取ってもらえる可能性があるのなら、廃車買取を利用するべきですよね!

さいごに

今回は軽自動車の廃車にかかる費用や、廃車費用を安くする方法、そして廃車買取を依頼することで思わぬ買取金額がつく可能性があるというお話しをしました。

車を廃車にする際に、すべての作業・手続きを依頼すると高額な費用がかかりましたが、自分で解体業者や陸運局へ出向くことで、レッカー代金や書類手続き代行費用をおさえることができました。

しかしカーネクストのような廃車買取業者を利用すれば、廃車にする車を0円以上で買取りをしてくれるだけでなく、レッカー代金、書類手続き代行費用、解体費用など、廃車にかかる費用が無料です。

あなたは廃車買取業者が車を引取りにしたときだけ動けばいいので、時間も労力もかかりません。

しかも廃車する車といっても、エンジンやミッションなど、再利用できる部分が多い車ほど、思わぬ価格で買取りをしてくれます。

今回の記事を参考に、カーネクストのような廃車買取業者を利用して、楽にお得に軽自動車の廃車をしてみてはいかがでしょうか。

軽自動車の買取費用についてはこちらをご覧ください。

愛車の買取費用を試しに調べてみる(無料)

こちらの記事でも詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

参照:廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは?

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車とお金
-, ,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.