廃車の基準

自動車の耐用年数を超えたら廃車にするしかないの?

更新日:

 

「ODOメーターをみたら、もうこの車10万キロも走ってるんだな…。しかも初年度登録から10年も
たってるし…。そろそろのりかえの時期か…。ということはこの車も廃車にするしかないな…。」

えっ…!ちょっと待ってください!10年、10万キロだからといって車を廃車にしてしまうのですか?

昔から初年度登録から10年以上の車は「過年式」の車といわれ、10万キロ以上の車は「過走行」の車といわれます。

車所有している多くの人は、とりあえず「10年以上」「10万キロ以上」をこえると車を乗り換えたり、その車はもう買取りしてもらっても価値がないと思っています。

しかしそれはもう昔の話しで、最近の車は性能や耐久性に優れているため、たとえ10年以上であっても、10万キロ以上走行していたとしても元気に走りますので、廃車にするなんてもったいない話しです。

今回は、自動車の耐用年数はなぜ10年といわれるのか、また耐用年数をこえた車は廃車すべきか買取にすべきについてご紹介します。

また買取で耐用年数が超えていて値段がつかなかったとしても、実はこんなメリットがありますということも合わせてお伝えしていきます。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




なぜ10年以上・10万キロが廃車基準として一般的なの?!

そもそもなぜ廃車基準が10年以上や10万キロと言われているのでしょうか。

10年以上の基準は部品の寿命やディーラーの部品調達に関係がある?!

車にはエンジンやミッションをはじめとして、さまざまな機関や部品が使われています。

最近の車はこれらの機関や部品の耐久年数は昔と比べるとかなり伸びています。
エンジンやミッション、エアコンなど、10年以上たっても不具合が出ない車がほとんどです。

しかし10年以上にわたって車の調子を保つためには、日頃のメンテナンスがきちんとなされていなければいけません。

メンテナンスとは、エンジンオイル、ミッションオイルといったオイル類の定期交換、ベルトやゴム類の日常点検などをさします。

これらのメンテナンスがきちんとなされていても、どうしても点検が行き届かないのが電装系のパーツです。

例えば最近の車では、パワーウインドウやパワーシート、電動格納ミラー、パワースライドドアなど、さまざまなものがモーターで動くようになっていますが、それらのモーターは日常点検できる箇所ではなく、使い方次第では10年もたてばモーターに不具合が出てくる場合があります。

モーター以外にも、定期的に交換ができない部品に関してはどうしても劣化がすすむため、不具合が生じる箇所が出てきますので、10年という区切りがつけられていることが現状です。

また10年以上経過している車にもし不具合が出た場合、その車の部品がディーラーに保管されていない可能性が出てきます。

例えば、純正部品の保持期間は基本的にその車の生産終了から8年ということが法律によって定められています。

ということは、自分が最終年式の車を購入して10年以上のり続けたとなると、その車の部品がディーラーには保管されていないため、受注が可能なのであれば受注するか、リビルト品や中古部品を使うことになります。

これらのことをふまえて「10年以上」という基準が一般になっているのです。

10万キロ以上の基準はタイミングベルトの交換時期にある!

タイミングベルトという部品の名前を聞いたことがありますか?

タイミングベルトは、綺麗な空気の吸う(吸気)のと、汚れた空気を吐き出す(排気)をどのタイミングで行なうのかを調整しているパーツです。

このタイミングがずれてしまうとエンジンが不能になってしまいます…。
つまりタイミングベルトは車にとって非常に重要なパーツなのです。

タイミングベルトの交換時期ですが、国産自動車メーカーが交換を推奨しているのは10万キロ以内です。

タイミングベルトを交換すればまだまだ車をのり続けることができるのですが、10万キロを迎えるころに車を廃車にしようと思っている方が多いです。

参照:廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは?

10年以上・10万キロ以上で廃車はもったいない!?

車の解体(スクラップ)はするべきではない!

先ほどは10年以上、10万キロ以上が耐用年数で、これを基準に廃車にする人が多いです。

ただ最近の車は10年以上、10万キロ以上であっても十分にもっている能力を発揮してくれます。

しかしそれでも廃車にするとお考えの方は、解体(スクラップ)は選ぶべきではありません。

車の解体は昔のように、車の解体を依頼した側がお金を支払うのではなく、解体業者側が車の解体を依頼した側にお金を支払う、つまり解体する車を買取るという形で、軽自動車は約5000円、普通車は約10000円で買取ってくれます。

ただこの金額は決して高いものではありません!

つまり車が10年以上、10万キロ以上だからといって廃車にするのはもったいないのです!

ディーラーの下取りでは二束三文!まずは買取査定業者に買取査定を依頼してみよう!

先ほどお伝えしたように、最近の車は10年以上、10万キロ以上でも十分にのり続けることが可能です。

そのような車を街なかの車屋さんに持ち込んで買取査定を依頼すると、実際にいくらで買取ってくれるかを示してくれます。

ただ持ち込んではいけないのはディーラーです。

ディーラーでも買取査定は行なってもらえますが、ディーラーは10年以上の過年式車や10万キロ以上の過走行車に関しては、ほとんど値段をつけてくれません(つまり0円ということです)。

ですので、まずは中古車ショップのような買取査定業者に持ち込むといいでしょう。

最近ではインターネットを「車の一括査定サイト」というものがあり、買取査定業者を1つずつ回らなくても、パソコンやスマホを使って何百社もの買取査定業者に買取査定を依頼することができます。

一括査定サイトにアクセスすると、査定依頼を行なうフォームがありますので、そこに以下のような必要事項を入力していきます。

① 車両情報入力

・メーカー名
・車種名
・年式
・積算走行距離

② 個人情報入力

・お名前
・電話番号
・郵便番号
・住所
・メールアドレス

車両情報を入力する際は、車検に記載されている事項を入力する必要がありますので、車検証を準備しておくとスムーズに入力をすすめることができます。

また積算走行距離に関しては、車のメーター部分にあるODOメーターをみておきましょう。

入力後、数件の買取査定業者から電話やメールがきますので応対していきます。

最終的には現車確認を行なったうえで買取査定金額が示されます。

それぞれの買取査定業者が示す買取査定金額を比較して、一番高い買取査定金額を示してくれたところに車を買取ってもらうことができます。

車の一括査定サイトを詳しく見てみるならこちらをご覧ください。

車の一括査定サイトで愛車の値段を見てみる

買取査定業者でも買取査定金額が低かった…!そのとき頼りになるのは廃車買取業者!!

過年式車・過走行車は買取査定業者でも買取りしてもらえますが、実際のところ思っているほどの高額はつきません。

なぜかというと、買取査定業者は買取りをした過年式車・過走行車を、ある基本的な整備をしたうえで販売します。
つまり過年式車・過走行車を販売するわけですが、やはりこのような車を販売する買取査定業者にもリスクがあるのです。

ある程度整備しなければ不具合が出てきてクレームのもとになるし、かといって整備にお金をかけすぎると利益は出ないし、そもそも過年式車・過走行車はある程度安いでないと買ってもらえません。

そこで利用をおすすめするのが廃車買取業者です。

廃車買取の場合は、たとえ買取査定業者に高く買取ってもらえなかったとしても、高く買取ってもらえる可能性があります!

廃車買取業者は、車を買取ったあと、まだ使用できる部品に関しては取り外して、中古部品として販売し、残った車のフレームは鉄資源として販売することで利益を得ています。

販売エリアは国内だけとどまらず、海外でも高く販売できるため、十分な利益を得ることができるのです。

廃車買取は過年式車であると希少価値がついて、思った以上の価格がつくというメリットがあります。

買取査定業者で思った買取査定金額が示されなかった場合は、廃車査定業者で査定を依頼することをおすすめします。

さいごに

今回は、自動車の耐用年数はなぜ10年といわれる理由、また耐用年数をこえた車は廃車すべきか買取にすべきについてご紹介しました。

過年式車・過走行車はこれまでに頑張って走ってきた分、劣化している部品が多くなることから、世間では10年や10万キロという基準がいわれています。

そのような車を手放すときにやってはいけない手放しは「解体業者でスクラップしてもらうこと」「ディーラーに買取ってもらうこと」でしたね。

まずは街なかの買取査定業者に買取査定の依頼をしてみるべきですが、ただ買取査定業者も過年式車・過走行車を高く買取ってはくれません。
買取査定業者は、いくら整備をしても過年式車・過走行車は高い値段で販売することが難しいからです。

そこで頼りになるのが廃車買取業者でした。

廃車買取業者は、まだ使用できる部品を取り外して中古部品として販売したり、残った車のフレームは鉄資源として販売して利益を得ることができるため、思わぬ金額で買取ってもらえるのです。

廃車買取業者の一例として「廃車買取専門のカーネクスト」がありますが、カーネクストでは0円以上の買取保証や、車を廃車にするときのレッカー代金、陸運局での永久抹消登録手続きを無料で行なってくれます。

廃車を高価買取している実績もある廃車買取業者ですので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

車の耐用年数はこれまでにメンテナンスがきちんと行なわれてきたかによって大きく異なりますが、廃車にする必要がない場合もありますので、上手に買取査定業者や廃車買取業者を利用してみましょう。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車の基準
-, ,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.