廃車の方法

廃車にする前に確認しておくことって何がある?

更新日:

 

「廃車にする場合、どれくらいお金がかかるんだろう?」

「安く廃車にするならどういう方法があるんだろう?」

なんて不安はありませんか?

車を廃車にするとなると、多くの方がイメージされるのが「解体」です。

先ほどのお話しのように、車を解体してもらうとなると何万円も支払わなければならないとお思いの方がいらっしゃると思います。

しかし最近では、車の解体を依頼した側が解体業者にお金を支払うのではなく、解体業者が車の解体を依頼した側にお金を支払うケースが増えてきています。

また車を解体業者に出すのではなく、廃車する車を「買取」してもらうことで、解体業者に依頼するよりお金が入ってくる場合があります!

今回はどのような車であれば廃車にするべきか、その判断をするためには廃車する前に何を確認しておけばいいのかについてご紹介します。

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

廃車にする予定の車が44,000円で買い取ってもらえたことがありました。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料)<<<




こんなときは車を廃車することをおすすめします!

不動車や事故車など修理不可能になった場合

エンジンが動かなくなったり、ミッションが故障すると多くの車は不動車となります。

今所有している車が本当に大切で、エンジン・ミッションが故障したとしても、エンジンのせかえやオーバーホールなどをしてでも乗り続ける場合を除いては、廃車を選ぶしかありません。

エンジン・ミッションが故障すると、その修理費は車種により異なりますが数十万にのぼるため、修理するとなっても勇気がいりますよね…。

このような不動車だけでなく、修復不可能な事故車に関しても廃車するしかありません。

またエンジンや室内に水が浸かった水没車に関しても修理することは不可能ですので、廃車するしか選択肢はないでしょう。

高額な修理費用が必要な場合

タイミングベルトが切れた場合

タイミングベルトが切れてしまった場合も、廃車を選んだほうがいいでしょう。

タイミングベルトとは、綺麗な空気の吸う(吸気)のと、汚れた空気を吐き出す(排気)をどのタイミングで行なうのかを調整しているベルトです。

吸気と排気のタイミングがずれてしまうと、エンジン内部で不完全燃焼を起こしてしまい、エンジンが停止してしまい、最悪の場合は車が停止してしまいます。

またタイミングベルトが切れてしまった場合の修理費用は20万円以上かかります。

それだけ高額な修理費用を支払うのであれば、廃車にしたほうがいいでしょう。

参照:タイミングベルトが切れたら廃車にするのと修理でどっちがいいの?

エアサスが壊れた場合

高級車にはエアサスペンション(エアサス)が装着されているものがあります。

通常の車はバネサスペンション(バネサス)が装着されていますが、バネサスはデコボコ道を走ったときに突き上げが激しいのに対して、エアサスはその突き上げを、空気を利用して吸収してくれるため乗り心地がよくなります。

ただこのエアサスがエア漏れなど、故障した場合の修理費用がとてつもなく高いのです。

バネサスであると車種により異なりますが、数万円で4本のサスペンションを交換することが可能です。

しかしエアサスは数十万クラスの修理費用になります。
例えばトヨタ・30後期セルシオのフロントエアサスペンションと周辺の部品を2本交換すると約15~20万円かかりますし、レクサス・LS460のフロントサスペンションと周辺の部品を2本かえると60~70万円かかります。

ここまでの修理費用が必要となると、車を廃車にするほうが賢明でしょう。

この他にも修理費用が高額になる車種や箇所はたくさんありますので、その場合は廃車にすることをおすすめします。

解体業者に解体依頼をするともったいない?!そんなときは廃車買取を依頼しよう!

解体業者に依頼するとどれくらい費用がかかる?

解体業者に依頼すると、次のような費用が発生します。

①解体費用
②廃車引取費用
③永久抹消登録代行手数料
④リサイクル料金

①・②は解体業者に支払う費用で、③は永久抹消登録を代行する場合に代行者に支払う費用です。

④は、車を購入時に支払っているはずの料金ですので、廃車にするからといって支払う必要がない費用です。

ここで注目すべきは①・②です。

最近の解体業者は、解体費用や廃車引取費用を無料にしている業者が多いのです。

それどころか解体費用に関しては、車の解体を依頼した側が支払うのでなく、解体業者が車の解体を依頼した人に支払うケースが増えています。

その金額は軽自動車の場合で約5000円、普通車であれば約10000円です。

参照:廃車の解体費用はいくらかかる?払わずに済む方法はある?

「解体業者が車の解体を依頼した側にお金を支払って大丈夫なの?業者は倒産したりしないの?」とお思いでしょう・

解体業者も倒産するようなことであれば、車の解体を依頼した側にお金を支払うことはありません。

解体業者はスクラップする車を解体する際の金属資源を他業者に販売することで利益を得ているため、車の解体を依頼した側にお金を支払うことができるのです。

金属資源の利益が大きいため、近隣であればレッカー費用に関しても無料にしている解体業者も増えています。

永久抹消登録代行手数料は、陸運局での永久抹消登録を他者に代行する場合に発生する費用ですが、自分で陸運局へ出向く場合は必要ありません。

つまり車の解体を依頼した側は、解体業者に無料で車をレッカー引取りしてもらい、軽自動車であれば約5000円、普通車であれば約10000円を解体業者に支払ってもらえるのです。

廃車するなら解体業者より断然「廃車買取」を選ぶべし!

解体業者に車のスクラップ依頼した場合、車の解体を依頼した側に入ってくるお金は、軽自動車では約5000円、普通車では約10000円とお伝えしました。

しかし5000円とか10000円と聞いたときに、金額が少ないと思いませんか?

もし金額が少ないと思わなかった方は「カーネクスト」という会社をご存じですか?

廃車専門の買取業者カーネクスト」は廃車になる車を「買取」してくれる業者です。

カーネクストは不動車・事故車・水没車など、どのような車であっても0円以上の買取保証をしていますし、レッカーや陸運局で行なう永久抹消登録法定登録代行手数料までも無料でやってくれます!

「そこまで言うということは、さぞかし高い値段で廃車を買取ってくれるんですよね…?」

このような思いをおもちの方もいらっしゃると思いますので、実際にカーネクストが買取った実績について一例をあげてみます。

H15年式トヨタ・ハイエースバン、排気量2000cc、走行距離71000kmを「45万円」で買取!

車体側面に広範囲にわたって傷があり、運転席シートに破れがある車でしたが、ハイエースバンはトヨタ車の中でもとくに海外需要の高い車種でしたので、高価買取された一例です。

H22年式日産・エクストレイル、排気量2000cc、走行距離50000kmを「21万円」で買取!

横転事故でタイヤシャーシがゆがみ走行不能の状態でしたが、年式が新しかったため高価買取された一例です。

H11年式ホンダ・オデッセイ、排気量2400cc、走行距離201000kmを「4万円」で買取!

低年式の過走行でエンジンのベルトが切れて走行不能という状態でしたが、まだ需要のあるミニバンであるため、比較的高価買取された一例です。

解体業者に車を解体してもらうより、かなり高い値段で買取りされていることがわかりますね。

つまり解体業者に車の解体を依頼するよりも、カーネクストのような「廃車買取」のほうが高額で車を引取ってもらえるのです。

さいごに

今回は車を廃車にする前に確認しておくべきことについてご紹介しました。

不動車をはじめ、事故車・水没車、修理に高額な費用がかかる車に関しては廃車したほうがいいことがおわかりいただけたと思います。

単に「廃車」といっても、解体業者に解体依頼をすると、車の解体を依頼した側に入ってくるお金はわずかしかありませんでしたね。

ところがカーネクストのような「廃車買取」をしてくれる業者に依頼すると、不動車・事故車・水没車はもちろんのこと、過走行車・過年式車であっても高価買取してもらえることが十分に見込めます。

またカーネクストであれば、レッカー引取代金であったり、陸運局で必要な永久抹消登録手続きを無料で行なってくれるというメリットもあります。

今回の記事をお読みなられたことで、解体業者に車を解体してもらうよりも、廃車買取のほうが断然お得であることはおわかりいただけたと思います。

もし廃車される予定がある場合、解体業者と廃車買取業者の双方の見積りをとっていただくと、なお金額の差がおわかりいただけると思います。

今回の記事を参考に、廃車にする前に見積りをとるなどして、廃車買取のほうがお得であるという実感をもっていただきながら、廃車買取業者を利用してみてはいかがでしょうか。

参照:廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは?

廃車をするなら廃車専門の業者がおすすめです。
なぜなら一般的な買取業者よりも高く買い取ってもらえる可能性が高いからです。
廃車専門の買取業者でもとくに有名なのがカーネクストです。
詳しくはこちらをご覧ください。
廃車専門の買取業者カーネクストについて詳しく見てみる

愛車をお得に廃車するコツ

「愛車を廃車にしようと思うんだけど安く処分できないの?」

と思っていませんか?

実は、廃車にするよりも買い取ってもらった方がお得なんです。

当サイトのおすすめは廃車も買い取ってもらえる「楽天の車の一括査定(無料)」です。

例えば

①平成13年式、ホンダ・バモス、事故車、買取金額32000円

②平成20年式、三菱・eKワゴン、事故車、買取金額30000円

③平成13年式、ダイハツ・ムーヴ、不動車、買取金額10000円

④平成20年式、ダイハツ・ムーヴ、実動車、買取金額390000円

⑤平成19年式、ダイハツ・タント、事故車、買取金額440000円

などの買取実績があります。

廃車にしていれば3万円の支払いが、買取だと44,000円の受け取りにもなる場合があるんですね。

実に74,000円もお得になるんです。

愛車の買取費用は無料で査定してもらえるので廃車にする前に是非一度試してみてください。
楽天は有名企業ですので安心して査定してもらえますよ。

詳しくはこちらをどうぞ。

>>>廃車も買い取ってもらえる楽天の車の一括査定(無料) <<<


-廃車の方法
-,

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.