「10万㎞以上も走った車を廃車にしようと思うんだけど処分代って高いんでしょ?」

「事故車を廃車にしたいんだけど費用はどのくらいかかるものなの?」

なんてあなたは思っていませんか?

自動車を廃車にする場合にはその処分費用がかかると思っている人も多いでしょう。

でも結論から言うと、廃車の買取業者に買取をしてもらえれば最低でも0円で買い取ってもらえるのです。

買取をしてもらうことによって実質、処分費用が0円になるんですね。

自分で廃車にした場合には色々とお金がかかってきてしまいます。

今回は、廃車費用を払わずに処分したい方に向けての記事になります。

是非ご覧ください。

忙しい人用におすすめの廃車買取サイトをランキングで紹介します。

1位

>>>廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト<<<
(当サイト買取申込No.1)

2位

>>>廃車ラボ<<<

3位

>>>廃車ひきとり110番<<<

それではどうぞ。

廃車を処分するのにかかる費用はどういうのがあるの?

車を廃車にするということは、その車の登録を永久に抹消することになります。
登録とは何なの?という方も多いかと思いますが、自動車は公道を走らせる場合、必ず陸運局に登録をする必要があります。
登録をした証が「ナンバープレート」。
廃車ということは、その自動車は二度と行動を走らないということですから、陸運局への登録を抹消する必要があるということになります。
まずは、その登録抹消の方法や費用について報告します。

廃車をしたら陸運局へ

車を廃車にしたら、陸運局に登録の証であるナンバープレートを返却する必要があります。
この時に必要な書類は以下の通り。

・所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
・車検証
・ナンバープレート(前後面の2枚)
・「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
・手数料納付書
・永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
・自動車税
・自動車取得税申告書 ※地域によっては不要

このうち、「手数料納付書」「永久抹消登録申請書(及び解体届出書)」「自動車税・自動車取得税申告書」の3点は、申請当日に陸運局(または陸運支局)で受け取れる書類ですので、申請前に準備すべきは上の4種類となります。
印鑑証明、車検証、ナンバープレートに関しては問題ないかと思いますが、問題は「移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き」でしょう。
永久抹消登録に関しては「廃車証明書とは?発行手続きはどうしたらいいの?」の記事でも詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

これは、リサイクル券(使用済自動車引取証明書)に記載されている「移動報告番号」と、解体処理が終了した旨の連絡をリサイクル業者から受けた際の「解体報告記録がなされた日」のメモ書きということになり、このメモ書きが解体の証明書ということになります。
つまり、陸運局に申請に行く前に車の解体を終わらせておく必要があるということになります。
詳しくは「自動車の廃車手続きに必要な書類は何?費用はどのくらいかかるの?」で解説していますのでご覧ください。

陸運局での申請にかかる費用

実は陸運局で自分で申請する場合、費用はほぼかかりません。
申請手数料が100円程度かかるだけで、登録の抹消自体は完了できます。
むしろ知っておくのは費用ではなく、陸運支局が土日祝日は窓口が開いていないという事実でしょう。
手続きを自分で行うためには、平日に時間を作る必要があります。

廃車にすると還付金があるって本当?

本当です。
還付金には、自動車税・重量税・自賠責保険の3つがあります。
これらについて詳しく解説していきましょう。

自動車税の還付金について

自動車税は毎年春に、12か月(1年間)分をまとめて納税します。
車を廃車にするわけですから、当然廃車にしたタイミングから納税の義務はなくなります。
自動車税は月割り計算が基本となります。
4月1日が起点となり、翌年の3月31日までを先に支払っていますので、廃車処分にした月から翌3月31日までの残りの月数分が還付されます。
一目でわかる表を掲載しますので、還付金についてはそこで確認してください。
(※表1入る 別紙エクセルにて納品)

自動車重量税の還付金について

自動車重量税は、車検のたびに次の車検までの12~24か月分納付している税金になります。
こちらも廃車にした月から計算し、月単位で還付されます。
重量税に関しても一目でわかる表を掲載しますので、重量税についてはこちらで確認してください。
(※表2入る 別紙エクセルにて納品)

自賠責保険の還付金について

自賠責保険は人ではなく車にかかる保険であり、新車購入時や車検時に、次の車検までの12~37ヶ月分納付している税金です。
こちらは廃車にした月からではなく、自賠責保険の解約を申請した月から計算し、月単位で還付されます。
こちらも一目でわかる表を掲載しますので、自賠責保険についてはこちらで確認してください。
(※表3入る 別紙エクセルにて納品)

自動車税や重量税の返還手続きは、車の永久抹消登録と同時に陸運局にある税事務所で行いますが、自賠責保険の還付金を受け取るには、契約している保険会社の窓口に出向く必要があります。
そこで必要書類を提出し、解約申請となりますので、必要な書類を確認しておいてください。

・登録事項証明書のコピー(軽自動車の場合は自動車検査証返納証明書)
・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)の原本
・所有者の認印
・振込先口座

詳しくは「廃車にすると還付金があるって本当?何をいくらくらいもらえるの?」でも解説していますのでご参照ください。

車を解体するにはどうすればいい?

陸運局での手続きは、平日しか行えないという問題はあるものの、手続き自体は費用もほとんどかからず、比較的簡単に終了することができます。
むしろ問題はその前。
車をどこで解体するのかということになります。
車の解体に関しては、主に3つの依頼先が考えられます。
「車のディーラー」、「車の解体業者」、「廃車買取り業者」の3つです。
それぞれの業者でかかる費用や、メリット・デメリットを考えてみましょう。

車のディーラーに依頼した場合

車のディーラーの本職は、「車を販売すること」です。
その車の販売に繋がるという理由で、廃車に関しても請け負ってくれるということになります。
廃車を依頼した場合にかかる費用は主に以下の通りになります。

・車の引き取り手数料(自走できる車を持ち込んだ場合は不要) 5,000~20,000円程度
・廃車手続き代行手数料 10,000円程度

自走できない車の引き取り手数料は、移動距離や車種、車の状況などで変化しますので一概には言えない部分があります。
廃車手続きの代行手数料は、上で触れたような陸運局への届け出を行ってくれる場合の手数料。
ディーラーによっては自動車税・重量税の返還手続きをしてくれない業者もありますので、必ず事前に確認が必要です。
ちなみに解体自体の料金がないことに関しては、この後触れていきます。
メリットを考えると、車を買い替える場合は、車探しと同時に行えるということがあります。
さらに、そのディーラーで買い替えをするとなると、恐らく上記の費用はすべてサービスになるでしょう。
デメリットは買い替えではなく、廃車のみで利用した場合は、他のケースにくらべて費用が高額になるということが言えると思います。

参照:ディーラーだと廃車費用はいくらなの?安く廃車にするコツとは?

車の解体業者に依頼した場合

車の解体業者としましたが、場合によっては修理業者や板金業者でも廃車処理を受け付けてくれる場合があります。
これは業者次第ですので、気になる業者がいる場合は直接確認してください。
解体業者に依頼した場合にかかる費用は主に以下の通りになります。

・車の引き取り手数料(自走できる車を持ち込んだ場合は不要) 5,000~20,000円程度
・廃車手続き代行手数料 10,000円程度
・解体手数料 ※詳細は後述

引き取り手数料や手続き代行手数料に関しては、概ねディーラーと同様と考えていいでしょう。
ディーラーとの最大の違いは「解体手数料」です。
この解体手数料ですが、技術料として10,000~20,000円ほどかかるのが一般的です。
しかし、解体して出てきた「鉄」は資源として売ることができます。
つまり解体業者に車を解体してもらった場合、手数料はかかりますが、「鉄」を売って生まれた金額は受け取れるということになるのです。
鉄の相場に関しては毎日変動していますので、買取り金額もその日によって変わってきます。
また、車の大きさや車種などにより、鉄の量も変わってきますので、大雑把な計算になりますが、解体手数料と鉄の販売金額を計算すると、セダンやワゴンでプラス20,000円程度、軽自動車でプラス10,000円程度は期待できるようです。
ちなみにディーラーで解体してもらっても、当然鉄は売れます。
しかしほとんどのディーラーは、解体手数料を取らない代わりに、この鉄が売れた分は返還してくれないようです。
解体業者に依頼するメリットは、ディーラーに依頼するより10,000~20,000円ほど費用がお得になるということ。
デメリットを考えると、廃車代行手続きまで行ってくれる解体業者を探す手間や、買い替えを考えている場合は、買い替えのディーラー探しと並行して行う必要があるということになります。

廃車の解体費用については「廃車の解体費用はいくらかかる?払わずに済む方法はある?」にて詳しく解説しています。

廃車買取り業者へ依頼した場合

ネットで廃車と調べると、多数出てくるのが「廃車買取り業者」です。
しかしこの廃車買取り業者、ちょっと怪しいと思っている方も多いのでは?
実は業者としてはまったく怪しくありません。
まずは廃車買取り業者でかかる平均的な費用を考えてみましょう。
実はほぼ0円です。
実際に必要な費用はディーラーや解体業者と同様ですが、それもすべてサービスで行う業者がほとんどです。
なぜそんなことができるのでしょうか?

廃車買取り業者はなぜ処分費用がかからないのか?

ディーラーに出しても、解体業者に出しても、ある程度費用がかかる廃車ですが、ではなぜ廃車専門の買取業者は処分費用がかからないのでしょう。
廃車買取り業者について調べてみました。

廃車予定の車を中古車として査定

業者によっていろいろですが、一部の業者はまずは中古車として買い取れるかどうかを査定します。
中古車として買い取れる車であれば、大手の中古車販売業者の方が高く買い取ってくれそうですが、廃車専門の買取業者の場合は、市場は国内ではないことが多くなります。
海外に販売ルートを持つ業者であれば、例え日本では売れないような状態の車でも、海外のマーケットでは価値があるということで、買い取ってくれる場合があります。
ディーラーは中古車を販売するとなると、国内のマーケットしかありません。
解体業者の場合、そもそも販売のマーケットを持っていないため、こういった処置はありません。
ここが海外に販売ルートを持つ廃車買取り専門業者の強みと言えるでしょう。

廃車にした後の処理が違う

では、海外のマーケットでも売れないような車は、やはり有料で引き取りになるのでしょうか?
廃車の買取専門業者は、ほとんどの業者が最低でも0円買取りを保証しています。
なぜこんなことができるのか?
廃車買取り専門の業者は、車をパーツごとに解体し、使えるパーツをきれいにリペアして販売している業者がほとんどです。
つまり廃車買取り業者にとっては、走らなくなった車でも宝の山なわけです。
エンジンがかからない車でも、エンジン全体はダメになっていても、その内部のシリンダーは正常であれば、業者にとっては価値があるということ。
そして、すべてのパーツが万が一使えなかったとしても、前述の通り鉄やアルミを売ることで、最低限赤字にはならないのです。
廃車からパーツ取りをするから最低でも0円以上で買い取る。
それが廃車買取り業者最大の特徴といえるでしょう。

それでも少しでも高く買い取ってもらうには?

「0円でも引き取ってもらえればそれでいいわ」

という方でしたら問題ありませんが、せっかくでしたら少しでも高く買い取ってもらいたいものです。
そのためにはまずは色々な買取業者で買取の見積もりを取ってみましょう。
買取の業者によっては高く買い取れる車種が変わってきます。

買取業者でも廃車専門の買取業者を探そう

自動車の買取業者でも様々な業者があります。
その中でも廃車専門の業者があります。
他の店ではお金が付かないような車でも数万円で引き取ってもらえる場合があります。
以下が廃車専門の買取業者のメリットになります。

・事故車でも買い取ってもらえる
・動かない車・不動車でも買い取ってもらえる
・水没してしまった車でも買い取ってもらえる
・他社で廃車費用を請求された車でも0円以上で買い取ってもらえる
・レッカー代や解体費は無料
・廃車の手続き代行

などがあります。
廃車寸前の自動車は専門の業者に買い取ってもらうと上記の様なメリットがあります。

おすすめの廃車買取業者ランキング

それではおすすめの廃車買取業者をランキング形式でご紹介します。

1位 カーネクスト

カーネクストは廃車でも高価買取をしてもらえるおすすめの廃車買取サイトになります。
他社で0円評価の車でもカーネクストでは10万の値段が付くなど買取には定評がある業者です。

カーネクストの特徴

カーネクストの特徴をご紹介します。

廃車買取は0円以上の保証

事故車、水没車、不動車、どの様な廃車同然の車でも廃車の買取は0円以上を保証してもらえます。
「廃車にすると処分費用が高そう…」
と思っている人も安心して廃車にすることができるのが強みです。

「0円でもいいから引き取ってもらいたい…」
と思っているなら断然おすすめです。

なぜ、廃車を0円以上で引き取ることが可能かはカーネクスト独自のルートで海外で販売する点にあります。
日本で廃車同様の車でも海外では需要があることが多いです。
カーネクストは世界中に廃車の販路があるため廃車同様の車でも0円で引き取ってもらえます。

事故車、不動車のレッカー代無料

事故車や不動車を廃車にする時にはレッカー車を頼む必要があります。
カーネクストでしたら廃車にする際のレッカー代が無料になります。
これは前述した通り、海外で販売するためにレッカー代を無料にしても採算が取れるのでタダでレッカーしてもらえるんですね。
またカーネクストは全国対応しているのも安心できるポイントです。

「自宅に不動車があるけど、田舎だからレッカー車に来てもらうのは難しいよね?」

と思っている人も全国対応しているのでその心配も不要になります。

手続きや書類代行も無料

「仕事で忙しいのでできるだけ手間なく廃車手続きをしたい…」
「初めての廃車なので手続きに不安があるわ…」

と思っている人もご安心ください。
カーネクストでは手続きのサポートを受けることができるので初めての方でも安心して手続きを進めることが可能です。
年中無休で24時間プロの専門スタッフがサポートしてくれるのが強みです。
書類代行などもしてもらえるので時間がない人にもおすすめです。

走行距離が5万キロ以下の車は1万円の上乗せをしてもらえる

事故を起こして走行距離が短いけど廃車にするという方は買取費用に1万円の上乗せをしてもらえます。
普通乗用車、可動車のみになりますが、走行距離が短い車を廃車にする場合には嬉しいですね。

カーネクストがおすすめの人は?

カーネクストは海外への独自の販路があるため高価買取が期待できます。
なので少しでも高く買い取ってもらいたいという方におすすめできます。
また走行距離5万キロ以下の場合には1万円のキャッシュバックもあるので走行距離が少ない車を廃車する人にもおすすめです。

カーネクストを詳しく見てみるならこちらをご覧ください。

>>>廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト<<<
(当サイト買取申込No.1)

2位 廃車ラボ

次にオススメする廃車業者は廃車ラボです。
・廃車引き取り費用無料
・廃車手続き代行費用無料
・自動車スクラップ費用無料
が大きな特徴になります。
廃車に関わる費用は基本的に無料の業者になります。

廃車ラボの特徴

廃車ラボの特徴をご紹介します

廃車にかかる費用は一切無料

廃車する場合には一般的に、引き取り料金、解体費用、抹消手続き費用などが掛かってきます。
それらすべての費用を無料でしてもらえるのは嬉しいですね。
カーネクストと同様になります。

車持ち込みキャッシュバック

カーネクストにない特徴として車を持ち込んだ場合のキャッシュバックがあります。

~1500cc    ⇒ 3,000円キャッシュバック
1500cc~2000cc ⇒ 5,000円キャッシュバック
2001cc     ⇒ 10,000円キャッシュバック

排気量が大きいほどキャッシュバックも多くなります。
排気量が大きい車を買い取ってもらう場合にはおすすめです。
ただ、引き取ってもらう場合にはキャッシュバックはありませんが、引き取り費用もかかりませんので不動車でも安心して買取してもらえますね。

廃車ラボがおすすめの人とは?

廃車ラボがおすすめの人は可動車の買取をしてもらう人です。
持ち込みをすれば最低でも3,000円のキャッシュバックがありますので、どんな古い車でも3,000円以上が保証されます。
タダ同然の車でも値段が付くのは嬉しいですね。

廃車ラボを詳しく見てみるならこちらをご覧ください。

>>>廃車ラボ<<<

3位 廃車ひきとり110番

三重県に本社がある廃車ひきとり110番。
年間の廃車買取件数が3500件以上あります。
またカーネクストや廃車ラボにはないメリットがあります。

廃車ひきとり110番の特徴

廃車の買取0円以上の保証

どのような廃車でも買取費用は0円以上を保証してもらえます。
カーネクスト、廃車ラボ同様で廃車を引き取ってもらったからといって費用がかかることはありません。
また買取金額は1,000円以上の割合が96.5%とほとんどの車に値段が付くのがすごいです。
少額でもいいので値段がついてほしいという方にはおすすめできますね。

三重県伊賀市にある本社に持ち込むで買取金額大幅アップ

カーネクスト、廃車ラボにないサービスとして三重県伊賀市にある本社に車を持ち込むと買取料金に上乗せしてもらえます。
以下が金額になります。

軽自動車 ⇒ 10,000円
~1400cc ⇒ 15,000円
~1600cc ⇒ 20,000円
~1900cc ⇒ 25,000円
~2400cc ⇒ 35,000円
2401cc~ ⇒ 40,000円

以上の金額になります。
2401cc以上なら廃車でも買取最低金額が40,000円以上になります。
三重県近辺に車がある方は持ち込むととてもお得になります。

住所と連絡先はこちらになります。

〒518-1302 三重県伊賀市東湯舟2750
株式会社イー・エス・コーポレーション
電話 0120-110-882

廃車ひきとり110番がおすすめの人とは?

三重県にある本社に直接車を持っていける人には是非おすすめの業者になります。
軽自動車でも10,000円の買取料金の上乗せはとても大きいですね。
三重県近辺の方は是非ご検討ください。

廃車ひきとり110番を詳しく見てみるならこちらをご覧ください。

>>>廃車ひきとり110番<<<

廃車を買い取ってもらうことのメリットは?

廃車買取りの専門業者は、ディーラーや解体業者とは違い、廃車処理の専門家です。
サービスは車を解体するまでに留まらず、陸運局における煩雑な手続きも代行してくれる部分でしょう。
最初に触れた通り、陸運局は土日祝日は休みとなり、手続きを行うには平日しかありません。
仕事の都合などで平日にそんなに時間が取れない方には、非常にハードルが高いということになりますが、廃車買取り専門業者はその処理も代行。
もちろん手数料もかからない業者がほとんどです。
手間なく確実に廃車処理をすべて行ってくれる。
それが最大のメリットと言えるでしょう。

廃車買取の流れは

では、実際に廃車の買取りをお願いした場合、どのような手順で買取りとなるのかを追ってみましょう。
細かい部分は業者によってまちまちかとは思いますが、基本的な流れを把握しておいてください。

まずは業者を決める

ここで紹介した一括見積もりサイトを利用して、複数の業者から見積もりを取り、もっともご自身の希望に沿った業者を選定します。
もちろん見積価格の高い業者を選んでもいいですし、できるだけ近所の業者を選んでもいいでしょう。

業者とメールもしくは電話で連絡を取る

業者を決めたら、メールもしくは電話でコンタクトを取りましょう。
この連絡でさらに細かい聞き取りがあり、より正確な見積もりが出ることもあります。
連絡の際は手元に車検証があると話がスムーズになります。
また、事故車、水没車の場合、その時の状況を詳しく聞かれる可能性もありますので、状況を思い出してから連絡するといいでしょう。

引き取りの日程を決める

車が自走できる場合は、業者へ持ち込む日を決めます。
車が自走できない場合は、業者にレッカーなどで引き取ってもらう必要がありますので、車の状況、駐車場の詳しい住所、周辺の状況などを伝えましょう。
業者は状況に合わせて移送手段を検討し、引き取りの日程を決めます。

引き取りの日程は絶対にキャンセルの可能性がない日に設定しましょう。
よほど火急な要件が入った場合は致し方ありませんが、引き取りの当日キャンセルなどをした場合、さすがに違約金が発生するケースがあります。

引き取り当日までに用意したいもの

車の引き取りのタイミングで、廃車に必要な書類の提出が必要な場合もあります。
できればこのタイミングまでに用意しておきましょう。
当日までに用意ができなかった場合、後日業者の事務所に持参する、郵送するなどの方法もありますので、できれば、でいいでしょう。

抹消手続き完了の連絡を受け取る

書類に不備がなければ、数日中に廃車の処理が完了します。
廃車の処理が完了すると、業者から連絡が届きますので、任意保険の解約、自賠責保険の解約などの手続きをしましょう。
業者によってはここまでサービスで行ってくれる業者もあります。

また、業者が自動車税の還付の申請を行っています。
税務署から還付金のお知らせが届いたら、お近くの郵便局で還付金を受け取りましょう。
税金の還付、保険の解約が終了したところで、廃車に関する手続きはすべて終了となります。

廃車買取の疑問Q&A

ここで、廃車買取り専門業者に依頼する場合の疑問を解決しておきましょう。
代表的な悩みをピックアップしてみましたので確認してください。

車検切れの車でも買い取ってもらえる?

廃車にするにあたって、車検の有無は問題とはなりません。
当然車検の残っている車と同じ査定を行い、同じ条件で買い取ってもらえます。
ただし、車検が切れているということは、自動車重量税、自賠責保険も切れているということになりますので、還付金はありませんので覚えておきましょう。

事故車を廃車にするんだけど買い取ってもらえるの?

もちろん買取り可能です。
事故車の場合でも、使える部品は多数存在します。
そんな部品を買い取るのが廃車専門買取り業者ですから全く問題ありません。
また、国内では中古車としての価値が下がる事故車ですが、海外の中古車市場では大きな問題とはならないことも。
事故車だからと遠慮せず、まずは見積もりに出してみましょう。

事故車と廃車についてはこちらも参照ください。
事故を起こした場合に廃車にするかの基準ってある?

水没車だけど買い取ってもらえるの?

大規模な洪水被害などで水没した車の場合、内部の錆がひどく部品どりもままならないと考えがちですが、それでも廃車買取り専門業者にとってはなにも問題ありません。
最悪部品が取れなくても、解体した鉄やアルミを売ることで業者は赤字にはなりません。
買取り最低0円は間違いありませんので、まずは相談してみましょう。

自走ができないんだけど買い取ってもらえるの?

例えば事故車で走れない、水没車で走れない、長期間乗っていなかったのでエンジンがかからないなどなど。
自走できない車だからといって、引き取りが有料になることはありません。
もちろん、プラスになる査定は出にくいかもしれませんが、ディーラーなど他の業者に廃車を依頼すると、間違いなく数万円の費用が必要になります。
むしろ自走できない車こそ、廃車買取り業者に依頼すべきでしょう。

故人名義の自動車でも廃車手続きはすること可能なの?

亡くなった親の車など故人名義の自動車も廃車手続きは可能です。
ただ自分名義の廃車手続きと違うところがあるので注意が必要です。
詳しくはこちらの記事「故人が所有者の車の廃車手続きはどうしたらいいの?」で解説していますのでご参照ください。

自動車税を支払っていなくても廃車にできますか?

廃車の手続きを行うにあたって、自動車税の納税の有無は関係ありません。
つまり、自動車税を支払っていなくても廃車にはできます。
ただし、車のローンが残っており、車の名義がリース会社やローン会社の場合、自動車税を納税していないと、所有者解除の書類がもらえず、結果廃車手続きができないこともありますのでご注意ください。
さらに、廃車の手続き自体は可能ですが、未納分の税金に関しては納付が必要です。
車がなくなったからといって、過去の分の納税義務がなくなるというわけではありません。

自宅前に長期間放置されている車を引き取ってもらえますか?

廃車専門引き取り業者は、その車の所有者に代わって解体や廃車手続きを行う業者になります。
ご自宅の前にある車の所有者が不明の場合は、廃車買取り業者には手出しができません。
警察に違法駐車ということで連絡し、レッカー移動をしてもらいましょう。

最後に

今回は、廃車費用を払わずに処分する方法について解説してきました。
ご紹介した通り、廃車専門の業者に買い取ってもらうのが費用がかからずに処分できるおすすめの方法になります。
場合によってはお金がもらえる場合もあります。
また廃車にする場合には様々なめんどくさい廃車手続きもあります。
その廃車手続きの代行もしてくれるので「廃車に時間をかけるのがもったいない…」と思っている人にもおすすめできます。
お金をかけずに、手間をかけずに、時間をかけずに車の廃車をしようとするなら廃車専門の業者に買い取ってもらうのが一番です。
お金や手間や時間はこれから購入する新しい自動車に使いたいですからね。
是非、ご参考いただければと思います。

最後に廃車買取サイトのおすすめランキングを掲載します。

1位

>>>廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト<<<
(当サイト買取申込No.1)

2位

>>>廃車ラボ<<<

3位

>>>廃車ひきとり110番<<<

ありがとうございました。

更新日:

Copyright© 廃車費用を払わずに処分する方法は?買取がおすすめの理由とは? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.